田寸神社(東みよし町加茂)

田寸神社。

東みよし町加茂の県道44号線沿いにある消防団の倉庫(?)の裏に鎮座。

式内社 田寸神社の論社。

社殿

社殿。建物の裏にひっそりと。この祠と周りに木があるだけです。

由緒

創建は不詳。

鎮座地の加茂の地はかつては「福田の庄」と呼ばれ京都の賀茂別雷神社の神領。

明治44年に近くの鴨神社に合祀されましたが、氏子の間に異変災厄が続いたため大正12年再び現社地に小祠を建立し、現在に至ります。

式内社 田寸神社は資料によって「タワノ」「タネノ」「タキノ」と複数の読みがあり、正式にどう読むのかは不明ですが、当社は「たき」と読むようです。

地元の人には「サイノキさん」と呼ばれるそうです。

また、『加茂村神社取調帳』に、「往古10町程川上の瀧(今の奥成)に鎮座していたが加茂川の洪水により流されて現社地に遷祀した」との伝えがあり、その故事にちなみ「流れ宮さん」とも言うそう。

 

御朱印

御朱印の有無は不明。

さすがにないような気がしますが…

アクセス

特に駐車場はありませんが、消防団の倉庫の手前に駐車スペースがあります。

↓のあたり。

倉庫脇(道路側)にも一台分くらいのスペースはあります。

あくまで消防団の施設のスペースですので、ご注意ください。

神社概要

社名田寸神社(たきじんじゃ)
通称サイノキさん
住所徳島県三好郡東みよし町加茂字山根(3740番地付近)
祭神

田寸津彦神

田寸津姫神

猿田彦命(阿波國式社略考)

社格等

式内社 阿波国美馬郡 田寸神社

旧無格社

御朱印不明
駐車場なし(横の消防団施設用と思われる駐車スペースはあり)

コメント