事代主神社(阿波市市場町伊月)

事代主神社。

阿波市市場町伊月、吉野川の北岸に鎮座。

式内社 事代主神社に比定される神社。

境内

鳥居。吉野川の土手の下すぐの場所にあります。

 

境内は公園も兼ねているようです。

 

狛犬

社殿

拝殿

 

本殿

境内社

社殿左後ろの境内社とその脇の祠

 

森壱岐神。他で見たことのない名前です。

 

大住大明神

 

鎮守神社

 

 

社日

 

稲生大明神の祠と謎の神像

 

歌碑

事代主命御歌

躬は此所に心は粟の齋く島 事代主と崇めまつれよ

伊月の地名は、「斎き」からきているという説があるそうです。

 

土手上から社地。参道横のソーラーパネルが景観を損ねている気がしないでもありません。

善入寺島(粟島)

当社の南には日本最大級の川中島である善入寺島があります。

忌部氏が開拓し粟を作ったことから古くは粟島と呼ばれ、これが阿波の地名の由来になったとも言われています。

粟島には事代主命の妃・阿波津媛命を祭神とする八條神社がありましたが、大正初年の吉野川改修工事で住民とともに立ち退いて八幡の八幡神社境内に遷祀され、粟島神社と呼ばれています。

粟島神社はここ。八幡宮(徳島県阿波市市場町八幡町屋敷49)の境内にあります。(未参拝)

 

吉野川の対岸、吉野川市には粟島の地名が残っています。旧麻植郡、阿波忌部の勢力地ですね。

正面に見えるのが善入寺島のはじっこ近く。参拝時には島のことはよく知らなかったため、渡っていません。

由緒

創建年代は不詳。

由緒については、『增補 古城記』に

增補 古城記

「安寧天皇の伯父にあたる多臣の子孫が出雲族をつれて阿波へきた。多臣は神祇を司る役柄であったが、伊月に土着して祭殿をたて祖先の事代主命と祖母五十鈴依媛を奉齋した」

との伝え。

それ以外は不詳。

諸文献一致して当社を式内社としています。

御朱印

御朱印はありません。

宮司さんに電話確認したところないとのことでした(2019年時点)。

アクセス

国道318号、吉野川にかかる阿波中央橋の北詰の交差点を西へ。県道138号を1.4kmほど進むと右手に鳥居があります。鳥居の先に神社。

境内に駐車可能です。

神社概要

社名事代主神社(ことしろぬしじんじゃ)
旧称事代大明神
通称おっべっさん
住所徳島県阿波市市場町伊月字宮ノ本100-1
祭神

事代主命

大国主命

社格等

式内社 阿波国阿波郡 事代主神社

旧郷社

御朱印なし
駐車場境内駐車可

コメント