福島県

福島の神社

白河神社(白河市旗宿関ノ森)

白河神社。白河駅の南約9km、国指定史跡である白河関跡に鎮座。式内社 白河神社の論社。
福島の神社

飯豊比売神社(白河市大信豊地字鰻谷地)

飯豊比売神社。新白河駅の北約7kmの場所に鎮座。式内社 飯豊比賣神社に比定される神社。
福島の神社

永倉神社(西郷村大字長坂字長坂)

永倉神社。西郷村長坂、山裾の住宅地の奥に鎮座。式内社 永倉神社に比定される神社。
広告
福島の神社

八幡神社〔古殿八幡神社〕(古殿町大字山上字古殿)

古殿八幡神社。古殿町役場の北東1km程、国道349号沿いに鎮座。古殿町の町名の由来ともなった、流鏑馬で有名な神社。
福島の神社

伊波止和気神社(古殿町大字田口字戸神)

伊波止和気神社。古殿町田口に鎮座。式内社 伊波止和氣神社の論社。
福島の神社

石都々古和気神社(石川町字下泉)

石都々古和気神社。石川町役場の後方、八幡山の山頂に鎮座。式内社 石都都古和気神社の論社。
福島の神社

都々古山神社(白河市表郷高木字向山)

都々古山神社。建鉾山の西麓、高木地区に鎮座する神社。
福島の神社

建鉾山/都々古和気神社(白河市表郷三森字都々古山)

建鉾山。武鉾山、武戈山とも書かれ、鉾立山、高野峯山、都々古山と呼ばれることも。馬場都々古別神社の元鎮座地と伝えられる山。
福島の神社

都々古別神社(棚倉町大字八槻字大宮)

都々古別神社。近津駅の南700mほどの場所に鎮座。式内名神大社 都都古和氣神社及び陸奥一宮の論社で、戦前は国幣中社、現在は神社本庁の別表神社。近隣の馬場にある都々古別神社と区別するため、八槻都々古別神社とも呼ばれます。
福島の神社

都々古別神社(棚倉町大字棚倉字馬場)

都々古別神社。磐城棚倉駅の南西1km弱の場所に鎮座。式内名神大社 都都古和氣神社及び陸奥一宮の論社で、戦前は国幣中社、現在は神社本庁の別表神社。近隣の八槻にある都々古別神社と区別するため、馬場都々古別神社とも呼ばれます。
広告
タイトルとURLをコピーしました