古殿八幡神社(古殿町大字山上字古殿)

古殿八幡神社。

古殿町役場の北東1km程、国道349号沿いに鎮座。

古殿町の町名の由来ともなった、流鏑馬で有名な神社。

参道

神橋。橋の手前(写真を撮っている場所)は国道349号の旧道。

 

国道前に朱い両部鳥居

 

国道を渡ったところ

 

狛犬。名工・小林和平の作品です。

今回当社に参拝したのもこの狛犬がきっかけ。石都々古和気神社で頂いたパンフレットの狛犬紹介のページに、この狛犬が和平の作品として挙げられていたことから当社の存在を知ったためです。(お恥ずかしながらあまり調べずに来たためそれまで当社の事を存じませんでした…)

 

台座に彫られた小林和平の銘

 

参道右の馬場。流鏑馬の際にはここを馬が駆け抜けます。

 

馬場脇の笠懸広場

 

馬場脇の弓道場

 

鳥居

 

社号標

境内

鳥居脇の手水鉢

 

随神門

 

随神門中の狛犬

 

狛犬脇に石祠

 

額堂

 

額堂の向かいには授与所(写真左)

 

参道階段

 

階段下からみる社殿

 

階段上に手水鉢

社殿

拝殿

 

扁額

 

覆屋の中の本殿

境内社

 

参道途中にある若宮八幡。祭神は大鷦鷯命(仁徳天皇)。

 

覆屋の中の本殿

 

境内社群

由緒

創建は康平7年(1064)。

康平5年(1062)源頼義・義家親子が奥州の安倍貞任、宗任を征討の際、官軍は利を失い、一時この地で再挙の期を待つことに。そこで京都男山八幡に祈願したところ勝利を納めることができたため当社が創建されたとされています(従軍した当地の福田次郎、福田源大有光が勧請したとも)。

当地、竹貫郷の領主となった福田三郎広成は地名に因み竹貫氏を称するようになります。

竹貫氏は代々隠居入道し神社を守護する別当となったため、「古い殿様」の守る八幡様であることから古殿八幡の名が起ったといわれています。

現在の古殿町の由来もここから。

建久5年(1194)、将軍源頼朝から車両が下賜され、時の領主はこれを記念し、領内の兵士達により鎌倉鶴岡八幡宮で奉納されている流鏑馬・笠懸を神事として奉納するようになりました。

天文18(1549)に落雷で神社や別当居宅が焼失したのをはじめ、落雷や川の氾濫により境内や建物が被害を受け、祭が中断されることもあったようですが、領主の庇護と竹貫郷十三ヶ村の氏子の厚い信仰心により再興され、現在まで約800年続いています。

笠懸・流鏑馬は昭和46年には古殿町の重要無形民俗文化財に指定。

平成7年には福島県の重要無形民俗文化財に指定されました。

旧社格は郷社と思われます。

明治時代の取り決めとして「郷社八幡神社永続方法規約」という記録が残っていること、また社号標に「郷社」と思われる文字(苔が付いておりはっきり読み取れず)があることから。

案内板

古殿八幡神社の流鏑馬と笠懸

康平7年(1064)源頼義公・義家父子が奥羽(東北)の地に勢力を誇っていた安部貞任・宗任との戦いに勝利した記念に、この地に八幡神社を建てた。

建久5年(1194)鎌倉幕府の将軍源頼朝は、古殿八幡神社に社領地を与えた。

時の領主は之を記念して、鎌倉の鶴岡八幡宮で奉納されている流鏑馬と笠懸を古殿八幡宮の神事として奉納した。その後、これらの行事は社殿の焼失や洪水による境内の損壊などにより中断されたこともあったが、氏子の努力によって再興され、現今に受け継がれてきた。

流鏑馬は、役者が古式の盛装をし、馬を駆けさせ、馬上から大弓にて三ヶ所の的を射る儀式である。

笠懸は、流鏑馬と同じ盛装で役者が乗馬し、三回駆け回り空高く別当館の棟へ鏑矢を射る儀式である。

これらの行事が行われる八幡神社例大祭は、旧暦の9月8日・9日に行われていたが、現在は新暦の10月第2土・日曜日を祭礼日としている。

御朱印

御朱印はあります。

二の鳥居左手にある社務所(宮司さん宅)で拝受可。

アクセス

車の場合、磐城石川からは30分ほど、いわきからは1時間ほど。国道沿いにあるので迷うことはないと思います。

馬場沿いのこの辺りに駐車可…だと思うのですが確認したわけではないので間違っていたらすみません。例大祭の時には近くの公民館や中学校等が臨時駐車場になるようです。

公共交通機関で来るとすると石川駅前バス停(磐城石川駅そば)からバスがあるのみ。竹貫田線で古殿(神社前のバス停)まで、もしくは有実線で古殿役場まで、役場から徒歩30分ほど。本数はかなり少ないです。

神社概要

社名古殿八幡神社(ふるどのはちまんじんじゃ)
住所福島県石川郡古殿町大字山上字古殿38
祭神誉田別命
社格等旧郷社
御朱印あり
駐車場あり?

コメント