建鉾山/都々古和気神社(白河市表郷三森字都々古山)

建鉾山。

武鉾山、武戈山とも書かれ、鉾立山、高野峯山、都々古山と呼ばれることも。

馬場都々古別神社の元鎮座地と伝えられる山。

登山道

国道沿いに武戈山登山道の石標

 

案内板

建鉾山祭祀遺跡

建鉾山(武鉾山)は円錐型をした標高403mの山です。伝説によれば、日本武尊が東征した際、この山頂に鉾を立てて神を奉斎したとされ、頂上には建鉾石といわれる岩と小祠があります。

山の姿は典型的な神奈備型(神の領域)で、山頂付近に露出した珪質岩の母岩も、古来から神の降臨に相応しい磐座・石神とされていました。

安政3年(1856)の古図によると、北側斜面の巨岩下は「御宝前」と記されており、地区住民すら立ち入れない神聖な地でした。

また、かつては棚倉町の馬場都々古和気神社が鎮座していたとの伝承もあり、明治16年(1883)までは同社の神事が行われていた、とも伝えられています。

昭和32年(1957)と33年の発掘調査では、鏡・勾玉・剣・鎌の形をした石製模造品、青銅製擬鏡、土師器などの膨大な遺物が出土しました。古墳時代中期(5世紀)の、東日本を代表する祭祀遺跡と位置づけられています。

案内板。こちらのは登山口は高木口といいます。

 

ここから登り始めます。木が伐採された後のようで、道はかなりさっぱりしていました。

 

案内札

このヨシは葉が片方にだけ生えています。

昔天喜年間、今から950年位前後冷泉天皇の御代源義家が東征の折武鉾山(高野峯山)に戦勝祈願のためこの地まで来ました。その時愛馬が腹痛をおこし困り果てました。

その時この清水を呑み、側に生えていたヨシを食べて元気を取り戻しました。その時食べられたヨシの葉が今でも芽生いることなく生長しています。この武鉾山は、高木部落の古文書にお宝前と記されている巨岩の下に子供達が遺物品を発見、数多くの勾玉、鏡、白玉、直刀など出土いたしました。

日本武尊御手洗水。この水で合ってるのかしら…

 

麓の方は少し歩きづらい道

 

少し上ると階段も設置されていて歩きやすい

 

中腹にテレビの中継局

 

山頂近くにはゴツゴツした岩が

山頂

山頂。建鉾石と石祠

 

建鉾石。この北側斜面下は安政3年の古図に「御宝前」と記され、大量の遺物が発見された場所。

 

埋もれた祠?

 

山頂からの景色。正面奥はおそらく那須岳。

 

三森口側の登山道、上から

都々古和気神社

三森口には都々古和気神社があります。

 

三森口の入口

 

遊歩道の案内

 

鳥居

 

社号標。「國幣中社奥院都都古和氣神社」

 

狛犬

山の中へ入っていくと…

 

手水鉢

 

木の階段

 

階段脇には小祠

 

社殿手前には石段

 

拝殿

 

本殿

 

社殿横から

 

景行天皇皇子日本武尊御親祭霊地参道

ここから山頂までの登山道が続きます。

由緒

境内由緒板

村社 都々古和気神社

御鎮座地 表郷村大字三森字都々古山

御祭神(主神) 味耜高彦根命

大国主命の御子で殖産興業の指導をもって、一生父命の大業を助けられた関東地の大神。

(相殿神)日本武尊

延喜式内社、白河郡七社の一つにして、人皇12代景行天皇御宇第三子の皇子、日本武尊が東夷御征伐のためにおいでなられた。この時、この都々古山に、味耜高彦根命を勧請され東夷平定の御誓いをたてられ、鉾を建て御親祭なされたのがはじまりで、この古事に因み都々古山山頂に梵天を奉弊する神事が行われている。

建鉾山あるいは、高野峯山の名をもって呼ばれている小山は、一際目立つ三角錐状の形をもち、周囲から特異な山容を望見することができ、古代における山岳信仰の対象としての特徴をよく見えている。

棚倉町馬場都々古和気神社の原鎮座地としての伝承がある古代祭祀の遺跡としての建鉾山山頂には高さ1.4mの建鉾石があり、この岩の下部は巨大な母岩が続き、更に山腹までのびた典型的な神奈備山の山容をなして、神が降臨するにふさわしい磐座・石神である。神が降り給う岩座の前に、くさぐさの供物をささげ祭祀をおこなった神道祭祀の遺跡であり、古代の聖地をそのまま現在の神社の神域となっている。

当社の由緒は不明ですが、旧社格があるため明治には存在していたものと思われます。

馬場都々古別神社の旧鎮座地伝承が残るのは建鉾山山頂であるため、中腹にある当社はどういった位置づけであるのかは不明。

建鉾山は江戸期には入山禁止だったらしいので、明治16年(1883)まで行なわれていたという馬場都々古別神社の祭事を行う場所としてここに社が設けられていたのかもしれません。

この祭事が古代から連綿と続いていたものなのか、江戸期に再興されたものなのかは不明。

「延喜式内社、白河郡七社の一つにして」とあるので当社も都都古和氣神社の論社となっているのでしょうか。

だとすると延喜式編纂の頃にはこの建鉾山中腹の地にあり後に馬場や八槻に勧請された?

 

御朱印

御朱印の有無は不明。

おそらくないと思われます。

アクセス

ここで国道289号から南に。

案内板が立っているのでわかりやすいと思います。突き当りを左折。次の突き当りを右折で登山口。

登山口。右手が駐車場です。

なお建鉾山北側麓の道路(国道より一本山側の道)はJRバスの専用道路のため、人も車も通行禁止です。

神社概要

社名建鉾山(たてほこやま)/都々古和気神社(つつこわけじんじゃ)
住所福島県白河市表郷三森字都々古山1
祭神味耜高彦根命
相殿日本武尊
社格等

式内社 陸奥国白河郡 都都古和氣神社(名神大) 旧鎮座地?

旧村社

御朱印不明
駐車場あり(建鉾山高木口駐車場)

都々古和気神社

建鉾山(武鉾山)

 

コメント