宇奈己呂和気神社〔奥宮〕(郡山市逢瀬町多田野)

宇奈己呂和気神社 奥宮。

郡山市西部にある、高旗山の山頂に鎮座。

式内名神大社 宇奈己呂和気神社の元鎮座地との伝承が残る山。

広告

登山道

駐車スペースのすぐ先、道の脇に鳥居

ここから参道です。

 

山頂までは1640m

40分もあれば登れます。

 

鳥居の手前に由緒書

残念ながら字がかすれてしまっておりあまり読めません…よくよく見ると一番右に「奥州二ノ宮」の文字が見えます。「あさかの神社誌」にも奥州二ノ宮との記述があるのですが、論拠は記されておらず、他の資料にはこれは見当たりません。果たしてその真相は…

 

ハイキングコースの案内

 

熊出没注意の案内と、熊出没情報

幸い私は遭遇しませんでしたが、登る方はお気を付けください。

 

参道(倒木あり)

 

元気復調処?

 

和氣水

あまり水量はなし。飲むのはちょっとためらってしまう…

 

文字がだいぶかすれている案内板

このあたりから高旗鉱山跡への分岐がある模様。

 

分岐の場所で大きく曲がった後は概ねまっすぐな道

 

距離を書いた標識が所々に

 

道端に「こぐまの小太郎」

 

こぐまの小太郎からさらに道は続き…

 

山頂付近に鳥居

 

鳥居に掛かる鈴

 

横に御神符料受箱と書かれた箱が置いてある小屋

受箱の右後ろにある黒い箱に御神符が入っていたのかも(開けていないので不明)。

 

社号標

 

鳥居をくぐれば山頂までもう少し

山頂

山頂

 

宇奈己呂和気神社奥宮

 

年季の入った祠

 

神社名は書いておらず、高旗山とだけ

 

蛇かと思ったら木の枝を使った作り物でした

こぐまの小太郎といいこれといい、なかなかおもしろいです。

 

猪苗代湖が見えます

 

こちらは郡山の市街地

晴れていると展望のよい山頂です。

 

一等三角点

 

端の方にどうみても人工物な大きな石

何だかわからないままとりあえず撮影したのですが、後から調べると「天測点」というものだそうです。天測点とは天文測量を実施するために設置された基準点で、測量機器の重さに耐えうるよう、コンクリート製の柱となっているそうです。要は重い機器を置くための台座。全国で48点設置され、ナンバリングされておりこの天測点は第15号。ちょうど写真に撮ったのと裏側の面に「第一五号 天測点 地理調査所」と表記されたプレートが埋め込まれているようです(天測点について書かれた資料が見つからず、ネット上にある情報によりました)。

由緒

由緒については宇奈己呂和気神社の記事をご参照ください。

現在地の三穂田町八幡に遷座する前の、元の鎮座地が当地だとされています(異説あり)。

 

御朱印

確認はしていませんが、奥宮の御朱印はないと思います。

アクセス

登山口までは車で行けます。バス→徒歩だと登山口まで行くのに1時間以上かかってしまうので、車がよいと思います。

 

県道6号をここで南へ。forestバン源田(旧源田温泉熊田屋)の案内板が立っているところです。道なりに進むと、右手にバン源田の入口、左に林道日山源田線の分岐に至ります。ここを左の林道へ。

そこから林道日山源田線をしばらく走ります。舗装・未舗装が交じる道ですが、軽自動車でも走行に問題はありませんでした。約20分ほど?で登山口へ。登山口手前は道幅がかなり広くなっており、そこが駐車スペースのようです。

 

大体 37°22’31.8″N 140°12’53.1″E 37.375506, 140.214759 あたり…

このあたりが駐車スペース。

神社概要

社名宇奈己呂和気神社〔奥宮〕(うなころわけじんじゃ)
通称
旧称
住所福島県郡山市逢瀬町多田野
祭神瀬織津比売命
社格等

式内社 陸奥国安積郡 宇奈己呂和氣神社 名神大(旧地)

奥州二ノ宮(?)

札所等
御朱印なし
御朱印帳
駐車場あり
公式Webサイト
備考本社:宇奈己呂和気神社

タイトルとURLをコピーしました