狐瓜木神社(広島市東区戸坂くるめ木)

狐瓜木神社。

牛田山の北、戸坂くるめ木に鎮座。芸備線戸坂駅の西約1.1km。

社殿が原爆の爆風による被害を受け、広島市の被爆建物に登録されている神社。

境内

社頭

 

一の鳥居

 

扁額

 

手水舎

 

二の鳥居

 

狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

狐瓜木豊穂稲荷社

社殿左手に注連柱、鳥居

 

拝殿跡地

 

御殿

 

案内板

狐瓜木豊穂稲荷社跡地

昭和20年(1945年)8月6日原爆投下の時、その爆風をもろに受けて御殿、拝殿ともに倒壊する。

同年10月に解体し、その材木を使って右上の御殿を同月、再建する。屋根は本瓦がなくてセメント瓦だったが、平成21年(2009年)6月に本瓦に葺き替えた。

原爆の惨禍を示す遺跡として、当時の拝殿跡地をそのまま残している。

(狐瓜木神社も爆心地から約4.9キロ離れているが、爆風の衝撃で西側の柱が内側にめり込み、土壁が破れ、東の間の天井と、その屋根が突き抜けるなど大きな損壊を受けた。

由緒

由緒板

狐瓜木神社由緒

祭神

本殿 誉田別命 帯仲彦命 息長帯姫命

相殿 志那都彦神 事代主神

本社が、志那都彦神、事代主神を勧請したのは貞観2年(860年)である。

志那都彦神(風伯神)は風の神で、古事をひもどくにつれ、上古、此の一帯の土地は海であったことが実証されるとともに祭神との因縁は深いことがわかる。

事代主神は大国主神の御子で恵比須大神とも申し上げ漁村、農村、商家に多く祀られている。

狐瓜木神社は八幡宮とも呼ばれ、その八幡神三柱の神の勧請は、永観2年(984年)で当時、大神の御稜威により大陸から文化の移入が盛んであったので文化神として全国的に崇敬されている。文永11年(1274年)武田信時が安芸国の守護職に封ぜられ狐瓜木神社を佐東郡の惣社とされた。

その後、大内義隆、毛利元就の領主は、それぞれ神田を寄進されている。浅野藩主は代々、祈願社とされ狐瓜木神社と深い縁故があった。

延享4年(1747年)1月、社殿回禄し宝物類を全焼した。現在の幣殿、拝殿は、文化2年(1805年)に再建され、神殿は大正元年(1912年)に改築されたものである。

大正2年(1913年)10月には神社創建千年祭(1053年相当)が盛大に執行された。

狐瓜木豊穂稲荷社は境内西側奥に鎮座されている。

社伝によれば、創建は貞観2年(860)。

志那都彦神、事代主神を勧請したことに始まるとされます。

現在本殿に祀られる八幡神三柱の勧請は永観2年(984)。

文永11年(1274)には安芸国守護職に封ぜられた武田信時が当社を佐東郡の惣社としました。

その後は大内義隆や毛利元就が神田を寄進、また藩主浅野氏の祈願社とされました。

延享4年(1747)に社殿焼失。

文化2年(1805)に再建後、本殿と幣殿は大正元年(1912)に改築。

昭和20年(1945)の原爆投下の際には、爆風の衝撃で西側の根太柱が内側にめり込み、西側の土壁が破れ、東の間の天井とその屋根が突き抜けるといった損害を受けました。

また、境内社の狐瓜木豊穂稲荷社に至っては社殿倒壊。

同年10月に解体、その材木を使い現在の社殿を再建しました。

なお、玄松子の記憶さんでは私見として、当社相殿祭神である志那都比古神=風伯神を日本三代実録 元慶7年(883)12月28日条に「安芸国正六位上風伯神従五位下」と見える風伯神にあてる説を挙げておられます。

御朱印

御朱印の有無は不明。

参道下に宮司さん宅と思われる家があったので、気になる方は伺ってみては。

アクセス

場所は広島駅の北4km程。

駐車場はありません。

東区戸坂千足1丁目の太田川病院のすぐ西にコインパーキングがあり、ここが最も近い場所だと思います。

ここ。

他はちょっと離れますが戸坂中町6丁目にもコインパーキングが2つあり。

神社概要

社名狐瓜木神社(くるめぎじんじゃ)
旧称

狐瓜木八幡社

八幡宮

住所広島県広島市東区戸坂くるめ木1-1-20
祭神(本殿)

誉田別命

帯仲彦命

息長帯姫命

祭神(相殿)

志那都比古神=風伯神

事代主神

社格等

日本三代実録 元慶七年十二月廿八日庚申 風伯神 従五位下

旧村社

御朱印不明
駐車場なし
公式Webサイトhttp://kurumegijinja.la.coocan.jp

コメント