郡頭神社(高知市鴨部上町)

郡頭神社。

高知市鴨部上町、とさでん交通伊野線鴨部駅の東に鎮座。

式内社 郡頭神社に比定される神社。

広告

境内

社頭

 

一の鳥居

 

扁額

 

狛犬

 

二の鳥居

 

狛犬

 

手水舎

 

 

注連石

 

裏参道鳥居

 

裏参道狛犬

 

扁額

裏参道の鳥居に扁額を掛けていた跡があるので、元はこちらが掛かっていたのかも。

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

境内社等

八幡宮・荒神宮

 

八幡宮・荒神宮狛犬

 

石祠

由緒

由緒碑

  • 御鎮座地

高知市鴨部二六四番地

  • 御社名(こおりずじんじゃ)

郡頭神社(古保里都神社と訓じ…と「明細帳」にある)「こほりづ」と読む。

  • 御祭神

大國主神

  • 由緒

延喜式巻第十〔神祇十〕神名下(南海道神)土佐國廿一座の一つである。

「続日本紀」神護景雲ニ年十一月戊子の条に「土佐國土佐郡人神依田公名代等四十一人賜姓賀茂。」とあり、「新撰姓氏録」に「鴨部祝賀茂朝臣同祖大國主神後也」とあることからも賀茂氏一族の当地に於ける繁栄と、大國主神を奉斎し崇敬したことがうかがわれる。

延喜式内社であった当社は、明治五年郷社に列し、昭和二十一年神社制度の変革により神社本庁に所属し、仝年五月十七日宗教法人となった。

昭和五十六年五月二十七日、御社殿及び社務所が炎上したが、御神体間近まで燃え迫った炎は自然に消え御神体は御安泰であった。更に、御神体に関する不思議な霊威はこれにとどまらず、社務所神殿に安置された御分霊も、あます所なく焼け落ちた廃拠に無疵で御安泰、仮殿に遷座すべく奉仕した神職共あまりの神威の高さに慄然とした。

昭和五十八年より一年有半を経過した工事により、本殿、幣拝殿、社務所、神庫、境内諸設備を再建新設した。

  • 大國主神さま

大國主神さまには多くのお名前があります。それは、御神徳(御利益)が多いことを物語っています。葦原醜男(あしはらのしこお)八千戈神(やちほこのかみ)大己貴神(おおなむちのかみ)と別名でお呼びすることもあります。

大國主神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)の御子とも、五世孫とも六世孫ともいい、「古事記」によれば、天之冬衣神(あめのふゆぎぬのかみ)の御子で、御母は刺國大神(さすくにのおおかみ)の娘、刺國若比賣(さすくにわかひめ)であるとされています。

大國主神は、國土を開拓し、天下を経営し、畜産の業を興し、医療の法を教え、種々の災をはらい、禁厭の法を定められました。そのため國作らしし大神とも申し上げます。

天孫降臨にあたっては、御子、事代主神(ことしろぬしのかみ)と議って國ゆづりをされ、永く幽界の事を司られるようになりました。

創建時期は不詳。

当地は古くから賀茂氏・鴨部氏(賀茂氏の部民)が居住し、彼らが祖神=大国主命を祀ったのがはじまりで、やがて地主神になっていったとみられています。

 

続日本紀 神護景雲2年(768)11月戊子(18日)条に「土左国土左郡人神依田公名代等卌一人賜姓賀茂」とあります。「神依田公」は「こうだのきみ」、神依田=神田。この地が賀茂氏と縁深かったため、賀茂姓を与えられたようです。

また、東大寺文書 天平勝宝4年(752)10月25日の造寺司牒に、土佐国鴨部郡50戸が東大寺の封戸となっていたこが記されており、当時の繁栄がわかります。

 

延喜式神名帳にみえる「土佐国土佐郡 郡頭神社」は当社に比定されています。

 

以降、中近世における当社の歴史は詳らかではありません。

鴨部神社・六所大明神と称されたこと、高賀茂神社(土佐神社)に次ぐ崇敬を受け祭儀も盛大を極めたということ等が伝わるのみ。

 

明治5年郷社列格。

昭和56年、火災により社殿及び社務所が全焼。御神体と神殿に安置された御分霊は無事だったそうです。

 

当社の社名についてはいくつかの説があります。

  • カワウチ(鏡川と神田川の内にあったので河内)からカウツに転訛し、好字を当てた
  • 土佐郡は土佐国の郡名の最初なので「郡の頭に座す社」の意味
  • 郡家に入る頭(郡家頭)の意味(土佐郡家が鴨部郡にあったとする説による)
  • 鴨部神社の誤記

 

なお、『辺海松布』(皆山集所収)には、神田村の松尾明神社が郡頭神社であったかもしれないという説が挙げられているようです。

神田には松尾神社が一社ある(高知市神田627)のですが、松尾明神社がそちらを指すのかは不明。

御朱印

御朱印はあります。

社務所で拝受可。ただし常駐されているかは不明。

アクセス

高知駅の南から国道(色々重複している)を西へ。

鏡川橋駅の先で鏡川を南に渡ります。

橋の南詰の交差点で、とさでん交通の線路に沿って直進、県道274号を鴨部駅方向へ。その先すぐ左斜め後ろ方向へ。

100mほど行くと裏参道鳥居があるので、鳥居脇の道(狭い)を入っていくと、表参道二の鳥居横に出ます。

 

あるいは宝永町のあたりから土佐道路(国道56号バイパス)を通り、能茶山交差点から県道274号に入り表参道前に向うルートもあり。

 

駐車場は二の鳥居の左手。一台分(軽ならギリ2台いけるかも)しかないので、先客がいたら待つしかありません。

神社概要

社名郡頭神社(こおりずじんじゃ)
旧称

鴨部神社

六所大明神

住所高知県高知市鴨部上町5-8
祭神大国主神
社格等

式内社 土佐国土佐郡 郡頭神社

旧郷社

御朱印あり
駐車場あり

タイトルとURLをコピーしました