総社(南国市国分)

総社。

南国市国分にある、土佐国分寺にして四国八十八ヶ所霊場第29番札所である摩尼山宝蔵院国分寺の境内に鎮座。

土佐国総社とされる神社。

広告

境内

社頭

 

鳥居

 

狛犬

 

手水鉢

社殿

社殿

境内社等

祠が4つ

国分寺

当社は国分寺の境内にあるので、国分寺にもお参りしました。

 

山門

 

寺号標

 

手水舎

 

金堂(本堂)

国指定重要文化財。

 

大師堂

 

開山堂

 

酒断地蔵尊

元は一言地蔵といい、香美市穴内地区(香美市土佐山田町上穴内?)の佐比谷寺にありましたが、ダム建設に伴い国分寺に遷されました。断酒の祈願が成就したという話が広まって酒断地蔵尊と呼ばれるようになったとのこと。

 

鐘楼

当寺は国指定重文の梵鐘も所有していますが、これは別物のようです。

 

日本遺産「四国遍路」四国霊場第29番札所 国分寺

弘法大師ゆかりの霊場を巡る四国遍路は、四国を全周する全長1,400kmにも及ぶ壮大な回遊型巡礼路であり、1200年を超えて発展継承され、今なお人々により継続的に行われている。地域住民の温かい「お接待」を受けながら、国籍や宗教・宗派を超えて行われる四国遍路は世界でも類を見ない巡礼文化であり、2015年に日本の文化・伝統を語るストーリーの1つとして、日本遺産に認定された。

第29番札所の国分寺は、摩尼山と号する真言宗寺院で、聖武天皇が国ごとに建立を命じた国分寺の一つ。弘法大師の中興とも伝える。本堂は杮葺(こけらぶき)の清楚な建物で重要文化財に指定されている。

由緒

総社

比江に国庁が置かれ国司が土佐を治めていた時代に、国内の代表神社(式内社)を巡拝することに代えて土佐国二十一社(安芸三、香美四、長岡五、土佐五、吾川一、幡多三)を国庁所在地に勧請して一社を建設したのがこの総社といわれる。

当初は国分新町の南方にあり、次いで元国分寺境内の現在地に移されたものである。

創建時期は不詳ですが、国の総社なのでおそらく平安時代。

 

元は今よりも東の、国府近くに鎮座していたとされます。

寛文9年(1669)に現在地に遷されたと伝わります。

『南路志』に「以前之社地者国分寺作式ニ成」とあるので、開墾による遷座でしょうか。

 

明治期に郷社に列格。

御朱印

御朱印はあるようです。

ネット上に画像が上がっていました。

ただ、本務社がどちらなのかや連絡先などの情報は見当たらなかったので、どこで頂けるのかは不明。

アクセス

国道32号をここで東に折れるか、あるいは

 

国道195号をここで北に折れるか

で、県道45号に入ります。

国分川の右岸(案内板あり)で西に入り400mほど行くと山門前に出ます。

駐車場は境内東、西、南と3つあります。

神社概要

社名総社(そうしゃ)
住所高知県南国市国分536
祭神土佐国式内社二一社祭神
社格等

土佐国総社

旧郷社

御朱印あり(?)
駐車場あり(国分寺駐車場を利用)

タイトルとURLをコピーしました