保内八幡神社(西条市円海寺)

保内八幡神社。

西条市円海寺に鎮座。

境内社の周敷神社は式内社 周敷神社の論社。

広告

境内

鳥居

 

扁額

 

社号標

 

社頭、道路挟んで向かいに燈籠

 

石碑(読めず)

 

手水舎

 

狛犬

 

注連柱

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

周敷神社

周敷神社

 

周敷神社社号標

 

スウノ神ト唱ウヌハスノ神ハスウノ神

祭神 國常立命 火明命

境内社等

境内社三社

 

境内の木々(たぶん全てクスノキ)

由緒

創建時期は不詳。

当初は丹生川八幡宮と称していました。

 

応永年間(1394~1427)に河野六郎通文が再建(『平成祭データ』では河野六郎通之。通文というのは別名?)

天正年間(1585)に兵火に罹るものの、社祠のみ焼け残ったため、火中(内)八幡宮(ほなかはちまんぐう)と称されるように。

文禄元年(1592)、火の字を忌み、内を保った意によって保内八幡宮と改称。

 

境内社の周敷神社を延喜式神名帳にみえる「伊予国桑村郡 周敷神社」にあてる説があります。

元は今より南に鎮座しており、傍らに池があって、そこに蓮が繁茂していたので、波周布宮(はすうのみや?)と称していたと『明治神社誌料』にあります。

 

保内八幡神社、波周布宮、そして道前宮という三社が近接し、それぞれの社叢が接続して一大森林となっていたとのこと。

時期不明ですが、波周布宮と道前宮は保内八幡神社に合祀されています。

御朱印

御朱印の有無は不明。

宮司さんは常駐されているようなので、気になる方は確認してみては。

アクセス

壬生川駅の北にある、国道196号の西条市壬生川交差点(上図)を西に入り、1kmほど行った所で左手の路地に入ると神社。

境内右手に神社の会館があり、その前に駐車可能です。

神社概要

社名保内八幡神社(ほないはちまんじんじゃ/ほうないはちまんじんじゃ)
通称
旧称

火内八幡宮(保内八幡神社)

蓮宮明神、波周布宮(周敷神社)

住所愛媛県西条市円海寺172
祭神

応神天皇

神功皇后

仲哀天皇

市杵島姫命

湍津姫命

田心姫命

武内宿禰

保内八幡神社

国常立命

火明命

周敷神社
社格等

式内社 伊予国桑村郡 周敷神社(境内社周敷神社)

旧郷社

札所等
御朱印不明
御朱印帳
駐車場あり
公式Webサイト
備考

参考文献

『式内社調査報告 第二十三巻 南海道』 皇学館大学出版部

 

『日本歴史地名大系 39 愛媛県の地名』 平凡社

 

『愛媛県神社誌』 愛媛県神社庁


タイトルとURLをコピーしました