阿波神社(鳴門市大麻町池谷大石)

阿波神社。

宇志比古神社の南西すぐそば、県道12号沿いに鎮座。

阿波に配流され崩御した、土御門天皇を祀る神社。

広告

境内

県道沿いの鳥居

 

社号標

 

参道の鳥居(参道脇だったかも。位置が曖昧)

 

手水舎

 

神門

入って右手に社務所があります。

社殿

拝殿

 

本殿

土御門天皇火葬塚

土御門天皇火葬塚

鳥居(社頭の方)の左手にあります。

一見古墳のようにも見えますが、特にそういうわけではないようです(土御門天皇の御陵は京都府長岡京市にある金原陵)。

また、境内には陪塚が二基あるそうです(参拝時は知らなかったため未確認)。

 

なお、土御門天皇に関係する地として当社から南西の方(15km以上離れていますが)、阿波市土成町に土御門上皇行宮跡があります。

 

ここ。

由緒

承久3年(1221)の承久の乱後、後鳥羽上皇が隠岐へ、順徳天皇が佐渡へ流された際、土御門上皇は自ら希望し土佐へ流されました。

その後貞応2年(1223)阿波へ遷され、寛喜3年(1231年)当地で崩御。

 

元々、土御門天皇火葬塚の北に土御門天皇社が祀られており、明治8年に丸山神社に改称。

昭和15年に紀元二千六百年記念行事として阿波神社に改称、現在の社殿を造営したそうです(昭和18年竣工)。

 

当初村社に列格し、昭和の造営後(18年?)に県社に昇格。

その後官幣大社への昇格が申請され内定までされるものの、終戦により社格制度が廃止されたため昇格はなされませんでした。

アクセス

県道12号沿い、阿波大谷駅の西400m強の場所に境内入口。

道路沿いに鳥居があり、入って少し先を右折すると駐車場。

御朱印

御朱印はあります。

社務所で拝受可。

神社概要

社名阿波神社(あわじんじゃ)
旧称

丸山神社

土御門天皇社

住所徳島県鳴門市大麻町池谷大石85-1
祭神土御門天皇
社格等旧県社
御朱印あり
駐車場あり
備考鳥居横に土御門天皇火葬塚

参考文献

『日本歴史地名大系 37 徳島県の地名』 平凡社

 

『徳島県神社誌』 徳島県神社庁


 

コメント

  1. oura より:

    ここは古墳でないと思います。少なくとも地元の人はそう考えています。土御門天皇をここで火葬にして、埋葬したのではないでしょうか。肥後和男編、歴代天皇図巻、秋田書店、昭和50年には、お示しの陵は京都に移したとあります。堀の東端に鳥居状の門があり、そこに宮内庁の管理下にあることが掲示してあるはずです。

    • 紅葉葵 より:

      >ouraさん
      コメントありがとうございます。
      ここは古墳ではないのですね。

タイトルとURLをコピーしました