岡上神社(板野町大寺岡山路)

岡上神社。

JR板野駅の西、県道12号から少し北に入った住宅地の丘の上に鎮座。

式内社 岡上神社に比定される神社。

広告

境内

社頭

 

社号標

 

狛犬

 

社務所?かなり古びている建物。

 

社務所脇に歌碑

 

鳥居

 

石段

社殿

拝殿

 

本殿

古墳

社殿後方の階段を上がると空地。その後ろには住宅地。

式内社調査報告には「かんぞう山の一部にあたるところ。かんぞう山は海抜50m程の小山であるが山上には二基の大古墳があり、北麓にかんぞう寺址(平安時代の瓦出土)があり、南麓がこの神社で、古代文化の中心地と思はれる」とあるのですが、宅地開発等で古墳は消滅してしまったそうです…

この韓崇山(かんぞうやま)は二基の他にも複数の古墳があるらしく、韓崇山古墳群とされているそうです。

他にも神社境内にも古墳があるみたいです。

岡の宮の大クス

この神社で一番目を引く「岡の宮の大クス」

県指定天然記念物で樹齢約700年。

 

案内板

岡の宮の大クス

樹齢約七百年と推定されるクスの木です。樹木の高さは約三五メートル、枝の広がりは東西約二七メートル、南北約三七メートルとみられます。

根回りは約二五メートルと太く、一つの根から、幹が三つに分かれ、うち一つが二つに分かれて、四つの幹がせり合うように並立し、荘厳な雰囲気をかもしだしています。

大クスの北側に、江戸時代の明和五年(一七六八)に建てられた石碑があります。

岡大明神御神鏡木 当村氏子中
郡御奉行 此楠明和五子二月御改往古ヨリ之運
安宅御目附 御立置奉願処御聞届之上印者也

船を造るから、大クスを差し出せとの命令がありましたが、御神鏡木だからと願い出たところ、許されたという記念碑です。

氏子たちが、命がけで護ってきたこの大クスは、今に受け継がれ、保護されています。

説明には御神木ではなく御神鏡木と書いてあるんですが、何か由来がある呼び方なんでしょうか。

由緒

創建時期は不詳。

 

付近の大字郡頭の辺りは南海道の郡頭駅があったとされる場所で、北は大坂峠を越して讃岐国大内郡刈田駅に、南は阿波国国府に通じた交通の要路であり、板野郡の郡治もこの付近にあったと考えられるそうです。

また、国造氏族の粟凡直の本拠地であったとも。

 

延喜式神名帳にみえる「阿波国板野郡 岡上神社」は当社に比定されています。

 

社伝によれば、源義経が大坂越を経て讃岐へ向かう夜行軍の出陣に際し、当社に詣でて武運長久を祈願したとされています。

 

かつては岡の麓に鎮座しており、寛政元年(1789)に岡の上に遷座したそうです(『阿波國式社略考』に「大寺村ノ支邑岡ノ宮ニアリ、古昔ヨリ山ノ麓ナリシニ、寛政ノ初年、丘ノ上、山ノ鼻ニ移シ建テ、實ニ社號ノ如クナレリ…」)。

麓にあったのに社名が岡上神社なのについては、「うかのかみ」が訛って「おかのかみ」になったという説があるようです。

現在は「おかのうえ」と読まれます。所在地は一般に岡の宮と呼ばれ、当社も「岡の宮」が通称。

 

明治4年村社、大正7年郷社に列格。

御朱印

御朱印はあります。

ただ兼務社のため通常は無人。連絡先も不明だったため、徳島県神社庁に連絡し、宮司さんの御連絡先を確認しました(旧徳島県神社誌に載っている情報は既に古く、宮司さんは交代されています。改訂版の方は正しい)。

お仕事(神職以外)の御都合もあるため、事前連絡・調整が必要です。

アクセス

この交差点に「岡の宮の大クス」の案内が出ています(小さいですが)。ここを北に入り、突き当りを左に行くと神社です。

この神社は駐車場がありません。また住宅地の中にあり、前の道路もあまり広くはないので車を停めるのに難儀します。

一応、1kmほど西にある歴史文化公園に無料駐車場があります。

 

歴史文化公園はここ。

神社概要

社名岡上神社(おかのうえじんじゃ)
通称岡の宮
住所徳島県板野郡板野町大寺字岡山路7
祭神

豊受姫命

奧津比賣命

猿田彦命

草野姫命

市寸島姫命

日本武命

楠正成公

社格等

式内社 阿波国板野郡 岡上神社

旧郷社

御朱印あり(要事前連絡)
駐車場なし(約1km西にある歴史文化公園に無料駐車場あり)
備考境内に徳島県指定天然記念物「岡の宮の大クス」

参考文献

『式内社調査報告 第二十三巻 南海道』 皇学館大学出版部

 

『日本歴史地名大系 37 徳島県の地名』 平凡社

 

『徳島県神社誌』 徳島県神社庁


 

タイトルとURLをコピーしました