多伎神社(今治市古谷)

多伎神社。

今治市古谷に鎮座。集落の奥、山の中へ続く道を少し入ったあたりの場所。

式内名神大社 多伎神社に比定される神社。

境内

大鳥居

 

石鳥居

 

社号標

 

狛犬

 

案内札

禰宜屋敷古墳群

当1号墳は多伎川の左岸に造られた古墳である。

現在6基が確認されている。

当1号墳は無袖の横穴石室で、副葬品には須恵器・土師器・直刀・轡・鉄鍛や身につける装身具が出土している。石室は全長7m・幅2mあり、天井高2mが考えられる。

墳丘は直径13m前後の墳丘高3-4mが想定される。

主軸方向は北30度東を採っている。

遺物は美術古墳館に展示。

案内札

杯状穴(性穴)遺構

杯状穴遺構は、古くは弥生時代から近現代まで続けられている文化遺産と言われています。一説によると、遺構の目的は、戦場や各地におもむいた男性の帰宅を求めた精神的な祈願行為で生じた”たたき穴”で、前者の祈願穴に結び祈願を続けたと言われています。

 

境内入口。社前を多伎川が流れており、八雲橋という橋がかかっています。

多伎川

 

案内札

松茸石

多伎神社の陰陽石の一つである。

今治藩主の命により、江戸藩邸に運んだが、藩主夫人が発病したので夢占いによると、もとの多伎宮へ帰りたいという石の願いがあったので、また江戸からここへ帰すと、夫人の病はすぐ直ったという伝説がある。

 

拝殿前の狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

境内社

天満神社

 

越智神社

 

大仲神社

 

一宮神社

 

清水神社

多伎神社古墳群

境内奥には多伎宮古墳群が広がっています。

 

古墳を示す札はぽつぽつ立っているのですがほとんど埋もれているような状態。札も倒れているのが多い…

 

これは割とはっきりとしていました。

 

この水路は境内を通って多伎川に注いでいました。進もうとすればもっと奥まで行けそうでしたが、きりがないので途中で引き返しました。ちょっと怖いし。

 

案内板

愛媛県指定史跡 多伎神社古墳群

多伎神社古墳群は、多伎川の上流が形成した扇状地奥の谷部にあり、東西約300m、南北約100mの範囲に分布しています。この谷間に多伎神社と15基あまりの古墳があり、このうち横穴式石室をもつ円墳が3基開口しています。

中でも5号古墳は大きく、直径約15m、高さ3mあまりの墳丘をもっています。石室は、両袖式の横穴式石室で、全長は6.2m、玄室の長さ約5m、幅約1.5m、高さ約1.9mです。構造は持ち送り式で天井石を6枚使用しています。羨道部では天井石を3枚使用しています。

指定前にくずれていた古墳数基も横穴式石室であることから、現存する古墳も多くは同形式(6世紀後半-7世紀前半頃)のものと見られています。なお社殿裏の1号墳のみ、小石を積み上げて造った積石塚と思われ、他の古墳との違いが見られます。

由緒

由緒板

多伎神社由緒 旧社格 式内大社 県社

御祭神 多伎都比売命 多伎都比古命 須佐之男命

当神社は文献に「瀧之神」とあり、往古奥の院の磐座の信仰に始まり、崇神天皇の御代饒速日命六代の孫伊香武雄命「瀧の宮」の社号を奉り初代の斎宮になられたと記されています。

清和天皇の貞観2年(西暦860年)神階を賜わり、大三島さん、伊曽乃さんと相並んで数度に渉り昇格し貞観12年正四位上に昇りました。(三代実録)

醍醐天皇の延喜年間(905年)式内大社(伊予国に七社)に列格の光栄に預かり、皇室より久しく特別の待遇に浴し国司、守護職、領主をはじめ庶民の信仰を集めました。

江戸時代今治藩の祈願所として、雨乞祈願のたびごとに藩主の参拝あり、七日間の祈願は中日迄を本殿で、後半を奥の院の磐座にて一社伝来のしきたりによって執り行われ、必ず霊験をいただいたのであります。

広大な境内地の愛媛県指定史蹟三十数基の群集古墳からは古い歴史を由緒が伺われ、多伎川の清流と照葉樹を中心とした自然林は全国でも有数、まさに神様のお座します所であります。

創建は不詳。

社伝によれば、奥の院の磐座信仰に始まり、崇神天皇のときに饒速日命六代の孫伊香武雄命が「瀧の宮」の社号を賜り初代斎宮になったといいます。

その後大宝2年(702)に多伎神社に改称。

「三代実録」によれば、貞観2年(860)に従五位上から従四位下、同8年に従四位上、同9年に正四位下、同12年に正四位上と、10年の間に4度の昇叙。この神階は伊予では大山積神・伊曽乃神に次ぎ、阿波・讃岐・土佐の一宮よりも一階級高いもの。安芸の厳島神社が貞観9年に従四位上だったといいますから、相当なものです。

また延喜式神名帳においては名神大社に列しています。

一説には、越智氏の宗社大山祇神社が海上の大三島に鎮座していたため、陸地での祭祀のため代わりに多伎神社を祀ったともいわれます。

往古、別当寺が11寺あったと伝えられています。

江戸時代には今治藩の雨乞祈願所となり七日間の雨乞が行われました。

前半は本殿で、後半は奥の院で行われたそうです。

幕末期だけでも文政6年、天保2年、嘉永5年、同6年の4回の実施が記録されています。

また社殿の造営も寛永13年をはじめ複数の記録が残ります。

明治4年には郷社、同13年には県社に列格。

祭神

祭神は現在、多伎都比売命、多伎都比古命、須佐之男命の三柱とされています。

「特選神名帳」ではこの中でも多伎都比売命を主神としています。

「豫州二十四社考」では牛頭天王。

「愛媛面影」では祭神不詳。或いは素盞嗚命。一説に大己貴女多伎比賣命。

社名

かつては多伎宮、瀧宮牛頭天王、瀧宮、瀧神社、多伎宮牛頭天王等とも称されました。

「伊豫國神名帳」によれば多伎不断大願大菩薩とも。

奥の院

前述のとおり、当社の始まりは奥の院の磐座信仰と言われます。

この奥の院は川上巌(かわかみのいわお)、別名フスベ岩と呼ばれる巨岩。

場所は当社から多伎川を1kmほど上った地点の山中といいます。

現在は境外摂社・磐座神社という扱いになっているようです。

奥の院に至る参道には天然記念物の「箒桜」がありましたが、落雷で枯死してしまった模様。

文政6年の大旱魃で雨乞祈願をした際、神社と奥の院の中間ほどで神主が桜の枝を織って御座所を掃き、その枝を地面に刺したものが大樹になったとされています。

奥の院の正確な場所は不明。

座標やGPSログの記載はないものの、訪れた人の記録がネット上にわずかにありました。

それによれば、

  1. まず多伎神社前の車道を山の方へ進む。
  2. しばらく進むと箒桜の立て看板があり、その少し先に山に入る道がある。
  3. その道に入って、多伎川沿いに進み、しばらく行ったところで小川(小滝?)を渡って斜面を直登。

…というコースの様です。登山装備があった方がよさそうな感じです。

以下のページを参照しました。

 

里山なので、時期によっては踏み跡もなく、迷う可能性もあるので行かれる際は十分ご注意ください。

姫坂神社で聞けば、あるいはもっと詳しく行き方を教えてもらえるかもしれません。 (多伎神社の宮司さんは普段は姫坂神社におられるので)

私も行けていないので、次の参拝時には必ず…と思っています。

社伝によれば、当社は往古、高市郷と朝倉郷の氏神で、ある時に一方の氏神にしようとなり、奥の院の岩の向いている方角で決めようということになりました。結果、岩は高市郷を向いていたので高市郷の氏神になった、といいます。

朝倉宮の伝承

地元の伝承では、斉明紀にある朝倉宮は筑前朝倉ではなく当地であったとされており、斉明天皇が当地の朝倉宮で崩御したと上朝倉の飯成神社の旧記に記されているのだそうです。

当地、旧朝倉村は和名抄に朝倉の名が見えるように古くから「朝倉」と呼ばれていたようであり、斉明天皇に関わる伝承もあるそうで(斉明という字名もあるんだとか)、何らかの関連があるようにも思えます。

土佐の朝倉神社にも朝倉橘広庭宮の伝説がありましたね。

 

御朱印

御朱印はあります。

姫坂神社にて拝受可。

 

アクセス

県道155号をここで南西に曲がります。道端に「多伎宮」と書かれた小さい案内が立っています。

そのまま直進すると、前方に赤い鳥居が見えますので鳥居に向かって道なりに進みます。鳥居の先に進むと右手に社務所とおぼしき建物があります。そこの前に駐車できます。

神社概要

社名多伎神社(たきじんじゃ)
旧称

多伎宮

瀧宮牛頭天王

瀧宮

瀧神社

多伎宮牛頭天王

多伎不断大願大菩薩

住所愛媛県今治市古谷乙47
祭神

多伎都比売命

多伎都比古命

須佐之男命

社格等

式内社 伊予国越智郡 多伎神社(名神大)

日本三代実録 貞観二年閏十月十七日癸亥 瀧神 従四位下

日本三代実録 貞観八年閏三月七日壬子 瀧神 従四位上

日本三代実録 貞観九年二月五日乙亥 瀧神 正四位下

日本三代実録 貞観十二年八月廿八日戊申 瀧神 正四位上

旧県社

御朱印あり(姫坂神社にて授与)
駐車場あり

コメント