志太張神社(さぬき市鴨部)

志太張神社。

さぬき市鴨部に鎮座。

式内社 志太張神社に比定される神社。

境内

参道

 

社号標

 

鳥居

 

階段を上ると左手に注連柱と社殿があります

 

手水鉢

 

狛犬

 

歌碑

社殿

拝殿

 

本殿

 

拝殿本殿間

 

社殿遠景

御旅所

参道を社殿の方に曲がらず直進すると(写真正面方向)、御旅所があります

 

社殿前から御旅所までの道。150mちょっとあります。

 

御旅所

由緒

創祀については不詳。

『全讃史』では、『宝蔵院極楽寺記』に曰く天長元年4月に弘法大師が石田の極楽寺を鴨部に移し下張神をもって鎮守とした、しかしいつ祀り始めたかは不明としており、『讃岐國官社考證』ではこの勧請について社殿再興の誤りだとしています。

祭神

祭神 天下春命は八意思兼神の子で、武蔵秩父国造の祖とされています。

志太張は「下墾」の意で、この地開拓の神だと解されているようです。

御朱印

御朱印の有無は不明。

普段は無人のようです。当社西にある鴨部神社が本務社ではないかと推測しますが、不明。

アクセス

社号標右の細い道を進んだ先に駐車可能です。

この辺から神社方向へ入ります。ただしこの道とても狭い(記事冒頭の写真参照)ので、不安な場合はどこか離れた場所に停めてきた方がいいかもしれません。

神社概要

社名志太張神社(したばりじんじゃ)
旧称

志太張大明神

志多張神社

住所香川県さぬき市鴨部6449
祭神天下春命
社格等

式内社 讃岐国寒川郡 志太張神社

旧村社

御朱印不明
駐車場参道に駐車スペースあり

コメント