大麻比古神社(鳴門市大麻町板東広塚)

大麻比古神社。

鳴門市大麻町板東広塚に鎮座。

阿波国一宮を称する神社の一社。

式内名神大社 大麻比古神社に比定される神社。

旧国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

参道

大鳥居

 

大鳥居手前の社号標。右奥に見えるのは境内社、天神社の鳥居。

天神社境内には式内社 鹿江比賣神社の論社、野神社があります。

 

大鳥居奥の狛犬

 

大鳥居正面、御旅所

 

参道

 

祓川橋

 

橋手前の社号標

 

二の鳥居。この辺りまでは車で来ることが可能。

 

鳥居の先に狛犬

御神木

御神木の楠。参道のど真ん中。とにかく大きい。樹齢約1000年、幹回り8.3m、樹高22m。鳴門市指定の天然記念物。

社殿

御神木の先に社殿

 

社殿手前の囲われた狛犬

 

拝殿

 

本殿。木の関係でうまく撮れず

現在の祝詞殿、内拝殿、外拝殿は、明治維新100年の記念事業として昭和45年に氏子崇敬者の寄進によって造営されたものなのだそうです。

境内社等

社殿裏

豊受社

 

山神社

 

中宮社

境内には猿が出るみたいですね。他にまむし注意の看板もありました。夏はご注意。

メガネ橋~奥宮遥拝所~ドイツ橋

メガネ橋(上の写真中央奥)と心願の鏡池。第一次世界大戦の際に捕虜として板東俘虜収容所に収監されたドイツ人達が作った池と橋。後述のドイツ橋とは違い、この橋は今も渡ることができます。

 

奥宮遥拝所。

 

丸山神社、丸山稲荷社方面の鳥居

 

ドイツ橋。メガネ橋と同じく、ドイツ人捕虜が作った石橋。徳島県の文化財史跡。一枚目の通り渡ることはできない(保存のため)ので、左側にある通路から迂回します。二枚目は迂回路上から撮ったドイツ橋。

ドイツ橋の奥

ドイツ橋の先に、丸山八大龍王神社

 

丸山神社と稲荷社への階段。階段上、左右に稲荷社と丸山神社。

 

丸山稲荷社

 

丸山神社鳥居

 

丸山神社狛犬

 

丸山神社

社務所裏~第一駐車場側

社務所裏手、水神社

 

第一駐車場への橋

 

渡った先に、西宮神社

 

第一駐車場から境内入口

大鳥居からドイツ橋、丸山神社まで歩くとけっこうな時間がかかります。

神社の北には大麻山が聳え、山頂には奥宮が鎮座します。標高538mとそれほど高くはないため、健脚な方なら1時間程度で登れるようです。

由緒

境内由緒板

神武天皇の御代、天太玉命の御孫天富命勅命を奉じて洽く肥沃の地を求め、阿波国に至りまして、麻楮の種を播殖し、麻布木綿を製して殖産興業の基を開き、国利民福を進め給い、その守護神として太祖天太玉命を此の地に斎き祀る。大麻比古神社は、太祖天太玉命と猿田彦大神の御神徳を称えて奉った御社名と伝えられる。

猿田彦大神は、昔大麻山の峯に鎮まり坐しが後世に至り本社に合せ祀ると伝えられる。延喜の制名神大社に列し、阿波国一宮と称え、阿波、淡路両国の総産土神として崇め奉る。清和天皇貞観元年従五位上を授け奉り、順次進階して中御門天皇享保四年正一位に進み給う。斯く朝廷の崇敬厚く、又代々の国司領主の尊崇深く、神田山林を寄進、藩費を以って社殿の造営を行い、年々祭費を奉らる。明治六年国幣中社に列す。

明治十三年国費をもって本殿以下の造営が行われた。現在の祝詞殿、内拝殿、外拝殿は昭和四十五年氏子崇敬者の寄進によって造営せられた。

大麻比古神社は、古来方除、厄除、交通安全の神として霊験を授け給い県内外の氏子崇敬者から「大麻さま」「大麻さん」「大麻はん」と親しみをこめた御名で崇められ、厚い信仰が寄せられている。

阿波淡路両国の総産土神として崇められてきた古社。

創建は神武天皇の御代と言われますが不詳。

天安3年※(859)従五位下から従五位上、貞観9年(867)正五位上、元慶2年(878)従四位下、同7年(883)に従四位上を授けられます。(三代実録)

(※昇叙は正月27日、4月に改元のため三代実録上は貞観元年表記)

その後享保4年(1719)正一位に昇叙されたとされます。(徳島県神社誌)

国司・領主の尊崇が深く、室町時代には細川・三好両氏、江戸時代には蜂須賀氏により、神田・山林の寄進、社殿の造営修築が行われ、祭費が奉られたといいます。藩主の参詣や代参もたびたびあったとのこと。

明治6年に国幣中社となりました。

祭神

祭神は現在、大麻比古大神(=天太玉命)と猿田彦大神とされていますが、明治以前は猿田彦大神と天日鷲命とされていました。

また、下立松原神社(千葉県)に伝わる忌部氏系図には大麻比古命は天日鷲命の子で、別名を津咋見命とする記述があります。

猿田彦大神とする説は卜部系の説によるもので、神社側としては忌部祖神・天太玉命の説を取っている模様。

そういったわけで、祭神についてはかねてより諸説あるようです。

御朱印

大麻比古神社にはオリジナルの御朱印帳があります。

紫色で、表は神紋の麻の葉をあしらっています。裏は無地。

一の宮御朱印帳も取り扱いあるようです。

もちろん、御朱印もあります。

社務所で拝受可です。

アクセス

駐車場はかなり広く、1000台まで駐車可能。さすが一宮。駐車場の場所は神社公式サイトの境内案内図に載っています。

道の駅 第九の里からは目と鼻の先。第九の里から県道41号を少し北に進めば第一駐車場入り口です。

もしくは南にある霊山寺の脇の道を北に進めば神社正面の駐車場に着きます。

神社概要

社名大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)
通称

大麻さん

おわさはん

住所徳島県鳴門市大麻町板東広塚13
祭神

大麻比古大神

猿田彦大神

社格等

式内社 阿波国板野郡 大麻比古神社(名神大)

日本三代実録 貞観元年正月廿七日甲申 大麻比古神 従五位上

日本三代実録 貞観九年四月廿三日壬辰 大麻比古神 正五位上

日本三代実録 元慶二年四月十四日己卯 大麻比古神 従四位下

日本三代実録 元慶七年十一月甲子朔 大麻神 従四位上

阿波国一宮

旧国幣中社

別表神社

御朱印あり
御朱印帳あり(オリジナル/全国一宮)
駐車場あり(1000台収容)
公式Webサイトhttp://www.ooasahikojinja.jp/
備考大麻山山頂に奥宮

コメント