椋橋神社(香美町香住区小原)

椋橋神社。

香美町香住区小原に鎮座。

式内社 椋橋神社に比定される神社。

境内

社頭

 

鳥居

 

社号標

 

参道

 

狛犬

社殿

社殿

 

扁額

 

内部の本殿

境内社等

境内社

境内社として八幡神社、香椎神社、日吉神社、八阪神社があるそうですが、全てこちらに合祀されているのでしょうか。

 

御神輿蔵

 

御神木?

 

読めない石碑

 

鳥居の道路向かいにある、山神と彫られた石の納められた祠

由緒

椋橋神社縁起

祭神 伊香色雄命(神饒日六世の孫)

社格 式内神社(延喜式神名帳に列す)

例祭 古来十月九日であったが、現在は同月の第二日曜に行われている。

伝説によると、伊香色雄命という神様が鮭に乗って矢田川を遡り、小原村で降りた。そして宮谷口にやって来て、ここが私の居るところだと鎮座し、木原大明神と唱えた。神様の乗った鮭は矢田川を遡って七味郡山田村(現在の香美町村岡区山田)に着き、鮭大明神となって信仰された。

国司文書によれば、「人皇四十代天武天皇白鳳二年(662年)八月、椋橋部連小柄が美含郡司となって府を長井郷においた。同十三年秋同氏がその祖、伊香色雄命を小原丘に祀り氏神と為す。」とある。これが、当社の設立である。

なお、椋橋部小柄は伊香色雄命十六世の孫である。

創建については諸説あり。

『兵庫県神社誌』によると、太古、伊香色雄命が鮭に乗って矢田川を遡り当地に降り、「吾宮居すべき地なり」として鎮座したといいます。また鮭は更に川を遡り、七味郡山田村(香美町村岡区山田)に至り鮭大明神と仰がれた、とも(鮭大明神が現在も残るのかは不明)。

『但馬国司文書』によると、天武天皇白鳳2年(662or673)、美含郡司となった椋橋部連小柄(伊香色雄命16世孫)が当地に伊香色雄命を祀って氏神としたといいます。

『椋橋神社社伝書』によると、天平宝字5年(761)、山城の法尓和尚が当地を訪れた際、奇瑞を得て宮を建て天照皇大神宮を祀り、和尚は洛陽椋橋山に住んでいたため、椋橋神社と号して遍照寺の鎮守としたとされます。ちなみに遍照寺の創建は天平年間(729~749)、行基によるものとされます。

 

延喜式神名帳にみえる「但馬国美含郡 椋橋神社」は当社に比定されます。

 

明治6年村社列格。

 

現祭神は伊香色雄命。上述の鎮座伝承に基づくものと思われます。

『椋橋神社社伝書』には天照皇大神宮を祀ったとあるので、天照皇大神を祭神とする説もあるようです。

御朱印

御朱印の有無は不明。

アクセス

香住ICを降り県道4号を南へ。

5.5kmほど行ったところで右に折れます。

 

ここ。遍照寺の案内が出ています。

道なりに行くとすぐ遍照寺前に出ます。遍照寺の右手に当社参道があります。

神社の駐車場はありませんが、参道横に遍照寺駐車場があります。お借りして一緒にお参りするとよいかと思います。

神社概要

社名椋橋神社(くらはしじんじゃ)
旧称木原大明神
住所兵庫県美方郡香美町香住区小原827-1
祭神

伊香色雄命

現祭神

天照皇大神

一説
社格等

式内社 但馬国美含郡 椋橋神社

旧村社

御朱印不明
駐車場なし(隣接の遍照寺に駐車場あり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました