賀茂那備神社(隠岐の島町加茂)

賀茂那備神社。

島後の南、海辺の集落、加茂に鎮座。

式内社 賀茂那備神社に比定される神社。

境内

鳥居

 

額束の葵紋

 

狛犬

 

神門

 

手水舎

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

境内社等

祠や玉垣?の残骸

 

神社の南東すぐの場所にある、玉垣に囲われた空間。大きな松が一本立っているのですが、御神木でしょうか。

 

案内板

的の前

昔、都を切り開き、鴨川のほとりに住んでおられた別雷神は、次の行き先を決めるのに、葵の葉を結んだ矢を射放った。

その矢を追って、川を越え、野を越え、ついに若狭の港から船で追い、島にたどり着いた。

入り江に近づくと、かたわらの断崖絶壁にまぎれもなく、葵の葉を結んだ矢が突き刺さっていた。

島の名は隠岐であった。そこでその湾に加茂の名をつけ、別雷神は、加茂の地域を開発し、人々の暮らしを導き、住みよい村落を作った。

後に加茂那備神社に祭られ、今も、その矢の立った岩を「的の前」と呼んでいる。

的の前と言われる岩がどこなのかはわかりませんでした…(上の玉垣に囲われた場所?)

由緒

寛保2年(1742)の『賀茂大明神伝記』によれば、創建は孝謙天皇の御宇、天平年間(729-749)。

玉安姫が隠岐に入り、当地に造営し、長く給仕したとされます。

また、「隠岐賀茂大明神則山城国賀茂別雷皇大神宮同徳一致之神也」とあり、賀茂別雷神社の分霊とされているようです。

明治5年村社列格。

合祀の素盞鳴尊については、往古宇津宮という所に鎮座しており、それを合祀したとのこと。

御朱印

御朱印の有無は不明。

アクセス

西郷港の西、ここで国道485号から県道44号へ。

 

3.5kmほど先のここで左手(南)へ。

200mほど先の分岐を右に進み、道なりに行けば神社前へ。

鳥居脇に駐車スペースあり。

神社概要

社名賀茂那備神社(かもなびじんじゃ)
旧称

加茂大明神

鴨大明神

住所島根県隠岐郡隠岐の島町加茂342
祭神別雷神
配祀

素盞鳴尊

玉安姫命

社格等

式内社 隠岐国穏地郡 加茂那備神社

旧村社

御朱印不明
駐車場あり

コメント