粟井神社(観音寺市粟井町)

粟井神社。

観音寺駅の南東6km弱、観音寺市粟井町に鎮座。

式内名神大社 粟井神社に比定される神社。

境内

一の鳥居

 

二の鳥居

 

二の鳥居脇の狛犬

 

手水鉢

 

三の鳥居

 

社号標

 

鳥居の先、階段上に狛犬。珍しい顔な気がします。

 

拝殿前の狛犬

社殿

拝殿

 

本殿

 

賽銭箱の神紋。鎌のくみちがい。

境内社

社殿左手に並ぶ境内社

 

上記3社の奥に少し大きな境内社。摂社の須賀神社か、あるいは元々この地に鎮座していたという杉尾神社か。

 

祠群。境内社には地神社、荒魂神社、粟島神社、稲荷神社、龍王神社、與禮神社、飛羅岐神社、天満宮があるそうですがそれぞれ社殿左の境内社および祠群のいずれかでしょうか。

飛羅岐神社と與禮神社については『生駒記』に以下のような伝承があります。

生駒記

粟井村奥谷ト云フ所ニ飛羅岐神社與禮神社ト申ス二社ノ舊跡アリ是太玉命阿州ノ忌部ヨリ當国ヘ移リ給節國人等迎ニ出デ餉器ヒラキシ所ヲ飛羅岐ト云ヒヌ是ヘ御寄レト願ヒシ所ヲ與禮ト云フ両社共ニ太玉命ヲ祝ヒシ所ノ由農夫古老共申ナリ。

奥谷という所から移されてきたということでしょうか。

 

神楽殿

 

御旅所?昭和初期までは、神社後方藤目山山頂の藤目城本丸跡が御旅所として利用されていたとのことですが、その後こちらに移ったのでしょうか。

 

忠魂碑と境内社

この他に、写真を撮り忘れていますが境内下に藤目神社があります。かつては境内に祀られていた御膳守社がこちらに移ったとのことです。

由緒

創建年代は不詳。

社伝には以下のようにあります。

鎮座年月素ヨリ不詳ナリト雖モ忌部氏ノ族天乃日鷲命ヨリ三十一代目武持ノ二男久男ト云人ノ時代本社ヘ奉遷スルコト明ナリ。(明治三十二年昇格請願書控)

白鳳十二年…阿波國板野郡河田村六衛門なる者神托ありて…豊ヶ岡に御造営の上天太玉命月読命保食命の三神を勧請せり時に米鳥元年…是氏神始也。(社伝)

忌部氏による創建と伝えられ、忌部氏が阿波あるいは安房から来住・勧請したため「アハ居=あわい」を称したといいます。

上記社伝は阿波からの奉遷説ですが、別に安房からの奉遷説をとる社伝もあったようです。(現存せず)

当初は現社地東南にある岩鍋池の南岸に鎮座していたとのこと。

大同2年(807)に火災により焼失し、当時杉尾神社(現境内末社)が鎮座していた当地に假殿を作り奉遷。

寛弘元年(1004)に改築したといいます。

旧地は古宮と呼ばれているそうです。

承和9年(842)名神に列せられます。(続日本後紀)

三代実録の貞観6年(864)10月15日条に従五位下を授かったとあります(写本により相違あり。高屋神社の記事参照)。

社伝によれば、その後永徳元年(1381)正三位、文亀元年(1501)従一位を授かったとあります。

天正6年(1578)に長宗我部元親による藤目城襲撃により社殿宝物等を焼失。

再建については、文禄2年(1593)、慶長5年(1600)、元和6年(1620)等諸説あり。

明治12年県社に列格。

最近では、平成13年(2001)に平成の大改築が行われました。

 

日本紀略に、延喜6年(906)苅田神が従五位を授けられた旨の記述がありますが、この苅田神を元々当地に鎮座していたとされる杉尾神社とする説があります。

当地は古代苅田郡紀伊郷に属し、武内宿禰の後裔を称する苅田氏のいた土地で、苅田神は苅田氏の氏神と見られます。

苅田神の祭神は不明ですが、式内社調査報告では苅田氏の祖とされる武内宿禰を挙げています。

『讃岐国官社考証』や『三豊郡史』では、大社である粟井神社が遷ってきた結果、苅田神は名前だけが残り、粟井神社=刈田大明神という認識になってしまった…としています。

祭神

祭神は忌部祖神・天太玉命。

『全讃史』『讃岐國二十四社考』では保食命を祭神として挙げています。

保食命は天照皇大神、月読命とともに配祀されています。

御朱印

御朱印はあります。

神社向かいにある宮司さん宅で拝受可。私の参拝時はご不在だったためいただけませんでした(書置きは拝受可能です)。

御朱印帳もありましたが、オリジナルかどうかは不明。

上の写真に見える通り、於神社と黒島神社の御朱印もこちらでいただけるようです。

アクセス

周辺で案内を見かけなかったので少しわかりづらいかと思います。粟井町の、国道377号と県道240号の交差点を南東へ。1kmほど先の十字路を右折。

ここ。少し進むと玉垣のある坂が左手にありますのでそこを登れば境内です。

この坂(上から撮影)。車は少し奥の方に停めるのがいいかと思います。

神社概要

社名粟井神社(あわいじんじゃ)
旧称刈田大明神
住所香川県観音寺市粟井町1716
祭神天太玉命
配祀

天照皇大神

月読命

保食命

社格等

式内社 讃岐国苅田郡 粟井神社(名神大)

続日本後紀 承和九年十一月乙卯 粟井神 名神

日本三代実録 貞観六年十月十五日戊辰 粟井神 従五位下(写本相違有)

日本紀略 延喜六年二月七日庚寅 苅田神 従五位下(境内社苅田神社)

旧県社

御朱印あり(於神社、黒島神社の御朱印も拝受可)
御朱印帳あり(オリジナルかは不明)
駐車場なし(境内駐車可)

コメント