布勢神社(さぬき市寒川町石田西乙)

布勢神社。

寒川町石田西、布勢池というため池の西側に鎮座。

式内社 布勢神社の論社。

境内

社号標1

 

社号標2

 

鳥居

 

狛犬

 

注連柱

 

手水鉢

 

地神宮と、手前の大きな石灯籠

社殿

拝殿

 

本殿

由緒

改修事業竣功記念碑

布勢神社は天平元年(七百弐拾九年)以前に創建された神社であり、祭神は大彦命(第八代孝元天皇の皇子、四道将軍のお一人)であります。また延喜式内讃岐弐拾四社の一社でもあり、古来石田西村の鎮守として崇拝され、格式高い由緒ある神社であります。千数百年の歴史の内、享保参年(千六百八拾六年)作の銘のある「面」が当社に現に保存されており、現有の御神輿は明和四年(千七百六拾七年)拾月作のものであります。社殿の修理については、宝永五年(千七百八年)五月拝殿建更の棟札、文化五年(千八百八年)九月社殿修復の棟札があったと寒川町史には記述されています。その後も幾度かの修復工事を行い現在に至りましたが、この度、老朽化に伴う、神・拝殿の改修、御神輿庫の新築、御神輿の修理などを余儀無く実施する事になりました。布勢自治会一戸当たり拾五萬圓のご負担を御願い致し、不足財源については、自治会内外の多くの方々に御協賛をお願い申し上げ、多額の御賛同を頂きました。事業は平成拾四・拾五両年度にわたり実施し、その総てが竣功致しました。

創建時期、由緒は不明。

『全讃史』に「極樂寺記に云ふ。天平の時、行基菩薩、藥師堂を石田に立てゝ極樂寺と謂ひ、布勢の神を以て鎭守とせり」とあり、これに従えば天平以前の創祀ということになります。

また『全讃史』に、文化年間に祠が壊れ修理しようとしたところ、蜂が群がって近寄れなかったが、祠を修理するので蜂を去らせてくださいと一人の人が跪いて言ったところ、翌日には蜂が去っていたとの伝えが載っています。

祭神

祭神については四道将軍の一人、大彦命とされています。

異説として『讃岐二十四社考』で大彦命と併記して伏雷をあげています。

が、『讃岐國官社考證』において「伏ノ字によりて推量に云へるか」と注記がされています。

御朱印

御朱印の有無は不明。

現在は石田神社境外末社となっている模様。

 

アクセス

池の畔の曲がり角に延喜式内布勢神社と彫られた石碑(上掲の「社号標1」)。

この道を進めば布勢神社の社叢が見えてきます。

この辺りから車で境内に入れます。

神社概要

社名布勢神社(ふせじんじゃ)
住所香川県さぬき市寒川町石田西乙3642
祭神

大彦命

一説に伏雷(讃岐二十四社考)

社格等

式内社 讃岐国寒川郡 布勢神社

旧社格不詳

御朱印不明
駐車場あり(境内に駐車可)
備考石田神社境外末社

コメント