和爾賀波神社(三木町井戸)

和爾賀波神社。

公文明駅の南約1km、亀鶴公園の西約1.5kmほどの場所に鎮座。

式内社 和爾賀波神社の論社。

参道

社殿から南へ長い参道が伸びています。参道の起点は駐車場から200mほど南。

 

社頭

 

一の鳥居

 

一の鳥居脇の狛犬

 

二の鳥居

 

手水舎

 

社号標。延喜式内の表記有。右の注連縄の巻かれた小さな石柱も社号標。

 

神門

 

注連柱

 

狛犬

 

狛犬2

 

拝殿右手前(脇参道)の鳥居

 

手水舎

社殿

拝殿

 

本殿

 

本殿下

境内社

境内社、一の鳥居の方から順に。

 

一の鳥居近くの境内社

 

社日塔と、道路挟んで向かいの祠

 

古武神社

 

古武神社狛犬

 

駐車場の道路挟んで向かいの神社。境内社?

 

参道脇に神宮遥拝所

 

拝殿左に八坂神社

 

拝殿右に若宮神社

 

本殿左に天神社と石祠

 

本殿右に春日神社

 

本殿裏に浄土寺の扁額。浄土寺は当社の元別当。南東1km程にあります。

 

三木町指定文化財(絵画)和爾賀波神社の三十六歌仙扁額

この額は、横一八〇・五センチ、縦二九センチの板六枚からなり、一枚の板に三十六歌仙の和歌と人物の絵が六人分ずつ書かれている。

扁額とは、細長い額のことで、享徳四年(一四五五)閏四月に東讃守護代安富盛長の弟、盛保が寄進したものである。絵は絵師法眼忠光とある。

天保六年(一八三五)高松松平藩の家臣筧政典が木箱を作って納め、ふたの裏に由来などを記している。

由緒

『讃岐國官社考證』では、当社社伝と『肥前國風土記』佐嘉郡の記述「此の川上に石神有り。名を世田姫と曰ふ。海の神(鰐魚を謂ふ)年常に、流れに逆ひて潜り上り、此の神の所に到る。海の底の小魚多に相従ふ…」に酷似している点があることから、「此の神社の東方を流る々、所謂和爾川の川上、寒川郡長尾郷名村に、石神と云地ありて、いみしき大石あり、又石神權現と云社もあれば、彼風土記の古傅と此社傅とを熟考るに此所にも上古肥前國佐嘉川の如く此川を海神の逆上りて彼石神の所へ往來せし事の、時々有しを、故緣ありて、此井戸郷に、其靈を齋祀しにやあらむ」と説明しています。

『紫雲山極樂寺寶藏院古曆記』には、天暦4年(950)、治安3年(1023)、寛治7年(1093)、治承2年(1178)、建仁3年(1203)、文永元年(1264)、文永3年(1266)、慶長元年(1311)、永享5年(1433)、永享10年(1438)と、10回もの遷宮の記録が残されています。

御朱印

御朱印はあります。

幡羅八幡神社(高松市牟礼町原651)の禰宜さんが当社の宮司を務めており、おそらく普段はそちらにいらっしゃるようです。なのでそちらでいただくことができます。

アクセス

白山神社からさぬき東街道を東に進み鴨部川手前で右折。細い道をしばらく進むと到着。

この辺に車を停められます。

神社概要

社名和爾賀波神社(わにかわじんじゃ)
旧称

井戸之郷氏八幡和尓河神社

井戸八幡

井戸之宮

通称イドノオミヤサン
住所香川県木田郡三木町大字井戸1575
祭神

豊玉比売命

玉依比売命

八幡大神

息長足姫命

社格等

式内社 讃岐国三木郡 和爾賀波神社

旧郷社

御朱印あり
駐車場あり

コメント