天乃神奈斐神社(琴浦町大字赤碕)

天乃神奈斐神社。

琴浦町赤碕に鎮座。

日本三代実録 元慶7年(883)12月28日庚申条にみえる天乃神奈斐神の論社。

広告

境内

社頭

 

社号標

 

手水鉢

 

鳥居

 

扁額

 

手水舎

 

二の鳥居

 

狛犬

 

石段

 

神門

 

狛犬

 

狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

 

本殿脇の狛犬

 

風化した狛犬

境内社等

境内社

鳥取県神社誌に記載のある粟嶋神社ではないかと思いますが不明。

 

中にお社があります

 

獅子鼻?

 

神猿?

 

獅子頭?

 

井戸

由緒

創建時期は不詳。

安永2年(1773)の伯路紀草稿が引く明和年間(1764~72)の御蔵番の談話によると、摂津国からの勧請で烏帽子岩(かむり岩)が着岸地とする伝えがあるようです。

また琴浦町観光協会の当社例大祭紹介ページによれば「但馬の津上より海上を流れ来て、「かむり岩」とよぶ巨岩にかかったと伝えられる」とあります。

 

日本三代実録 元慶7年(883)12月28日庚申条に「伯耆国…天乃神奈斐神…従五位下」とみえる天乃神奈斐神を当社にあてる説があります。

 

江戸期には津上大明神、中の宮と称されていました。

元禄3年(1690)と宝永3年(1706)に鳥取藩主池田光仲と池田綱清の61歳の年賀の祈祷をそれぞれ行い、また正徳4年(1714)に池田吉泰の社参を受けるなど、藩主からの崇敬を受けていたようです。

 

明治元年、天乃神奈斐神社と改称。

大正元年に以下の神社を合祀。

  • 福留神社(祭神:事代主命、赤碕町大字赤碕字中土手鎮座)
  • 三方神社(祭神:素盞嗚神、赤碕町大字赤碕字西中條鎮座)
  • 平瀬神社(祭神:市杵島姫命、赤碕町大字赤碕字中條北側鎮座)
  • 綿津見神社(祭神:綿津見神、赤碕町大字赤碕字中條北側・平瀬神社境内社)
  • 長山神社(祭神:誉田別命、赤碕町大字赤碕字八幡山鎮座)
  • 武内神社(祭神:武内宿禰命、赤碕町大字赤碕字八幡山・長山神社境内社)
  • 松谷神社(祭神:須佐之男命、赤碕町大字松谷字北田鎮座)
  • 三穂神社(祭神:事代主命・三穂津姫命、当社境内社※)
  • 亀崎神社(祭神:須佐之男命・櫛名田姫命、赤碕町大字松谷字東松谷鎮座)
  • 恵美須神社(祭神:事代主命、赤碕町大字松谷字東松谷・亀崎神社境内社)
  • 火鎮神社(祭神:軻遇突智命、赤碕町大字松谷字東松谷・亀崎神社境内社)
  • 竜宮神社(祭神:少童命、赤碕町大字松谷字東松谷・亀崎神社境内社)
  • 大林神社(祭神:伊邪那岐神・速玉男神・事解男神、赤碕町大字別所字小谷筋鎮座)
  • 西谷神社(祭神:須佐之男命、赤碕町大字赤碕字地蔵町海道ノ下鎮座)

※三穂神社については『鳥取県神社誌』当社項合祀社羅列の中で「当社境内神社三穂神社」とあります。そのまま読めば「元から当社の境内にあった社」なのですが、記載順は上記の通りで松谷神社の直後にあり、あるいは「松谷神社の境内社」という意味かもしれません。

 

上記の合祀があったため祭神が多くなっています。

主祭神は、『平成祭データ』では大己貴命、稲田姫命の二柱とされています。

ただ、先出の琴浦町観光協会のページには「祭神は大国主命・少彦名命の二柱」とあります。

また『日本歴史地名大系』は「大己貴命・少彦名命・事代主命など一四神」と記しています。

『鳥取県神社誌』は主神・合祀神を区別していませんが、筆頭に大己貴命と少彦名命を置いています。

合祀社の祭神の中に見えない点からしても、大己貴命と少彦名命の二柱が主神なのだと思われます(少なくとも現在は)。

御朱印

御朱印の有無は不明。

 

アクセス

山陰自動車道の琴浦船上山ICか琴の浦ICを降りる、あるいは国道9号本線で赤碕まで行き、県道267号を走ると神社前。

一応参道脇に駐車スペースがありますが、参拝者用かは不明。

400m程東に町営観光駐車場がある(位置)ので、そちらに停めるのがよろしいかと。無料。

神社概要

社名天乃神奈斐神社(あめのかんなびじんじゃ)
旧称

津上大明神

中の宮

住所鳥取県東伯郡琴浦町大字赤碕1506
祭神

大己貴命

稲田姫命

『平成祭データ』

大己貴命

少彦名命

その他資料からの推測
配祀事代主命
合祀

少彦名命

綿津見命

武内宿禰命

伊弉那岐命

速玉男命

事解男命

少童命

美穂津姫命

軻遇突智命

素盞嗚命

市杵島姫命

誉田別命

社格等

日本三代実録 元慶七年十二月廿八日庚申 天乃神奈斐神 従五位下

旧郷社

御朱印不明
駐車場なし(?)、付近に町営駐車場あり

参考文献

『式内社調査報告 第十九巻 山陰道2』 皇学館大学出版部 

 

『日本歴史地名大系 32 鳥取県の地名』 平凡社

 

『鳥取県神社誌』 鳥取県神職会


タイトルとURLをコピーしました