妖怪神社(境港市大正町)

妖怪神社。

境港の水木しげるロードに建つ神社。

実際は境港のまちづくりを行っている会社の運営する観光スポットなのですが、神社と銘打ってるから神社なのです。

境内

一反木綿の鳥居

 

目玉おやじ清めの水(手水鉢)

 

水木しげる先生揮毫の社号標

 

賽銭箱と御神体。御神体は高さ約10尺(約3m)の黒御影石と、樹齢300年の欅で構成されています。

 

御神体の一部の欅板

 

案内板

妖怪神社 御身体の目玉石

この石は、御身体設置のとき突然ポロリとめくれ落ちたものです。その箇所は建立するまえに水木しげる先生が御身体の石の絵を見られ「この石に目玉をつけたらいい」といわれたまさにその部分でした。

この不思議な出来事に、はがれたこの石を≪目玉石≫と名づけました。

また、2本の御身体の石を結ぶ樹齢約300年のケヤキには水木先生のデザインによる木々に宿る精霊の目玉が描かれてあります。

参拝は、二礼二拍手一礼の後、御身体に触れ妖怪のパワーを受けて下さい。

水木しげる記念館/ゲゲゲの妖怪楽園

妖怪神社から東に500mほど行くと、水木しげる記念館があります。水木しげる先生の作品やコレクションが展示されています。

…が時間がなかったので中は見ず、外観だけ。

 

記念館の裏にあるゲゲゲの妖怪楽園。小さなテーマパークみたいなもので、お茶屋さんやお土産屋さん、縁日小屋とかがあります。入場は無料。

 

鬼太郎の家。こどもは中に入れます。大人はだめ。

 

鬼太郎の家のそばにある、永禄塚

「永禄年間尼子毛利合戦の場跡 もののふ達を労い塚を祀る 水木しげる」

由緒

創建は2000年1月1日。

千年の節目となるこの日の午前0時に落成入魂式が行われました。

公式サイト由緒

「水木しげるロードにいる妖怪たちのふるさととして、また妖怪達が住みやすい自然環境を守り育てるための≪妖怪の郷≫の意が込められています。」

御祭神は美穂津姫命だそうで、以前は公式サイトにもその表記があったようなのですが、今はありません。

御神体の縁起もフィクション(最後に事実の記述在り)が書かれていたみたいですが、それも今はありません。

どこかからクレームでもきたのでしょうか。

御朱印

御朱印はあります。

お隣の「むじゃら」というお店でいただけるとのこと。

アクセス

境港駅から水木しげるロードを東へ徒歩5分ほど。

車なら駅東側の有料駐車場へ(上図のあたり)。

神社概要

社名妖怪神社(ようかいじんじゃ)
住所烏取県境港市大正町62-1
祭神

美穂津姫命(?)

妖怪(?)

社格等なし
御朱印あり
駐車場なし
公式Webサイトhttp://yo-kai.net

コメント