高於磐座神社(大野市木本)

高於磐座神社。

大野市木本に鎮座。

式内社 高於磐座神社に比定される神社。

広告

境内

社号標

 

一の鳥居

 

扁額

 

手水舎

 

二の鳥居

 

狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿覆屋

 

本殿

 

本殿の狛犬

境内社等

本殿左右に境内社

雷神社と秋葉神社だそうですが、どちらがどちらかは不明。『神社明細帳』春日神社項にみえる境内社の雷神社、秋葉神社にあたると思われます。

なお同項には神明神社の名も見えますが、現存せず(戦後の神社明細書で既に記載から落とされている)。

 

春日山城址の標柱

春日山城は松平直良が居城した城で、当社~背後の小丘の辺りがその跡にあたるようです。

由緒

創建時期、由緒不詳。

往古は鷹の巣という地にあったとする伝承があります。

 

社伝は、当社を延喜式神名帳にみえる「越前国大野郡 高於磐座神社」だと伝えています。

 

明治43年に字三滴から字堂山(=現在地)に遷座し、春日神社を合祀(当地は元来春日神社の鎮座地だったと思われる)。

鷹の巣と三滴が同じ地を指すのかは不明。

大正4年に社殿焼失、後に再建。

 

社名の漢字表記が資料によってまちまちで、『平成祭データ』は「高於磐倉」、『福井県神社誌』は「高尾磐倉」、登記上は「高尾盤倉」、境内社号標は「高於磐座」。

 

祭神は大山祇命、天津児屋根命、天照大日孁尊。

大山祇命が高於磐座神社の、天津児屋根命が合祀春日神社の祭神。

天照大日孁尊が祭神に加えられた経緯は不明ですが、前述の通りかつて春日神社の境内社として神明神社があり、戦後の資料では消えているので、神明神社が本社に合祀されたということなのかも。

 

なお『越前国官社考』は「上なる岩座神(=同書大槻磐座神社の記述を指す)と同体にて天孫瓊々杵尊にてましますならん」とします。

御朱印

御朱印の有無は不明。

アクセス

木本の神明神社のちょっと東にあります。

神明神社から東へ田んぼの間の道を通り、清滝川の橋を渡ります。

橋の南にある藤昌庵の裏手に神社。

 

一の鳥居前右手の道から境内に車で入れます

神社概要

社名高於磐座/高於磐倉/高尾磐座神社(たかを/たかおいわくらじんじゃ)
住所福井県大野市木本160字堂山22
祭神

大山祇命

天津児屋根命

天照大日孁尊

現祭神

瓊々杵尊

『越前国官社考』
社格等

式内社 越前国大野郡 高於磐座神社

旧無格社

御朱印不明
駐車場なし(境内駐車可)

タイトルとURLをコピーしました