荒島神社(大野市佐開字下宅地)

荒島神社。

大野市佐開に鎮座。

式内社 荒嶋神社に比定される神社。

広告

境内

一の鳥居

 

社号標

 

手水鉢

 

二の鳥居

 

狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

 

本殿扁額「春日宮」

 

本殿前左右に巨木

嵐嶌宮

拝殿左手に「嵐嶌宮」の扁額が掛かった社殿があります。雪囲い?の中、扉脇に荒嶋神社の札も掛かっています。

式内社調査報告には「木像の釈迦如来の仏頭及び風化虫害を受けて欠損した仏像が神庫(荒島堂)に安置されている」とあります。像は祭礼の日に開帳されているとのこと。

元は神庫で後に境内社・荒島神社(というより社号からするとこちらが本社扱いなのか)としたのか、初めから神庫=荒島神社だったのかは不明。

 

嵐嶌宮

 

扁額

境内社等

天満神社(天神さん)

 

白山神社(北堂さん)

 

村上神社(権現さん)

 

神明神社

 

八幡神社

由緒

創建時期は不詳。

 

元は東に聳える荒島岳の中腹四合目にあったと伝わります。

往古物部荒山がこの山を領し、没後に里人が大権現として奉ったとも。

延喜式神名帳にみえる「越前国大野郡 荒嶋神社」は荒島岳に鎮座した社に比定されています。

 

天平7年(735)、行基が飯降山で270余体の仏像を造り、正観世音菩薩の像を荒島岳に安置。

 

文明13年(1481)、雪崩により社殿が崩落。

尊像の首のみが岩の間に残っていたのが見つかったといいます。現在、当社の釈迦如来仏頭が市の文化財となっていますが、これがその尊像の首でしょうか。

その後、元の宮地から半丁程(5~60m)下に社を建立。

 

明治元年、現在地へ遷宮。『福井県神社誌』には「木像(=仏頭?)は従来岳頂の堂宇に遺存せしも、明治四三年八月現今の境内に遷し、神宝として神庫に保存す」とあるので、明治末までは旧地の社殿(堂)も存在していたようです。

現在地には元々春日神社があり、合祀となりました。春日神社の由緒は不詳。

明治9年村社列格。

 

前述の通り、現在は神庫(荒島堂)と思われる建物に荒島神社の社号札があるため、春日神社と荒島神社は分けられているようにみえます。

由緒や境内の配置からは春日神社が本社のように思えますが、現社号は荒島神社。

御朱印

御朱印の有無は不明。

アクセス

大野市中心部から国道157号を南へ。

 

ここで左折(東へ)。川を渡ります。

その先、左手に公民館と倉庫?があるところで右手(東)に折れると、奥に神社があります。

駐車場は記憶が定かではないですが、多分ありません。

公民館前の駐車スペースをお借りするのが無難です。

神社概要

社名荒島神社(あらしまじんじゃ)
旧称春日宮
住所福井県大野市佐開字下宅地55
祭神

物部大連

天津児屋根命

社格等

式内社 越前国大野郡 荒嶋神社

旧村社

御朱印不明
駐車場なし

タイトルとURLをコピーしました