琴弾八幡宮(観音寺市八幡町)

琴弾八幡宮。

観音寺市の琴弾山に鎮座。

元四国八十八ヶ所の68番札所で、現在は新四国曼荼羅霊場の二十三番札所およびさぬき十五社の十四番札所。

参道

一の鳥居

 

社号標。一の鳥居を潜ると、右手に山頂社殿への参道階段があります。

 

二の鳥居。承応2年(1653)丸亀藩主山崎虎之助治によって寄進。

 

焼き物の狛犬

 

随神門

 

狛犬

 

参道。山頂の社殿まで378段の階段を登ります。参道には複数の境内社があります。

 

三の鳥居

 

狛犬

 

木の鳥居。元暦2年(1185)源義経屋島合戦勝利の後平家追討を祈願して奉納。

 

木の鳥居脇の狛犬

 

手水舎

 

青銅鳥居。この先が山頂です。

 

階段上の狛犬

参道境内社

鹿嶋神社

 

船霊大神

 

須賀神社

 

稲荷神社

 

宮阪天神

 

高良神社・松童神社

 

脇道に産巣日神社の鳥居、立札

 

産巣日神社、横に岩と石柱

 

五所神社

 

風之神社

 

蔵谷神社

 

青丹神社

 

昔の狛犬?吽形だけ。

社殿

拝殿

 

本殿

山頂境内社

武内神社

 

住吉神社

 

若宮

社殿後方

境内後方の階段を下りると車道に出ます。(車道側からの写真)

 

海に向こうに見えるのは伊吹島か。ここからもう数十m歩いたら、下に広がる銭形砂絵を見られたのですが、当時は知らなかったため見落としていました。

麓境内

階段下には神幸殿と社務所、また境内社があります。

一の鳥居脇の祠

 

早苗塚

 

庚申神社

 

琴弾女神之像

 

山之神神社

 

琴弾戎社

 

名称不明社

 

祠と石仏がひっそり。神恵院と一緒だったときの名残?

 

赤い橋

 

 

神幸殿。左の見切れている建物が社務所

由緒

「七宝山八幡琴弾宮縁起」〔応永23年(1416)権中納言藤原実秋が書記し、将軍足利義持の花押がある〕によれば、「大宝3年3月西方の空俄に鳴動し、黒雲天を覆って日月光を失うこと三ヶ日夜、時に海浜に一艘の船が現れて船中より高妙神秘な琴の音が発せられ、万民が近づくと『我は是八幡大菩薩なり』の御託宣と百皇鎮護、異敵降伏の本誓を垂れ給うた。止住する日証上人が『迷乱の凡夫、その言信じ難し」と証を求めたところ、その夜これまで海水の湛えていたところが竹林と変じ、夜明け前には砂浜が蒼松の林と化した。そして、その夜再び海上の船中より琴の音が響き渡って聞く者に回心を起こさしめた。奇瑞の霊験に驚いた上人は、童男童女数百人を集めお船を山上に引上げ、御神体に琴を添え神殿を造営、琴弾八幡宮と称して奉祀したのが当社の始まりである」といいます。

また徳治2年(1307)の「七宝山縁起」によると、同大宝3年に神宮寺宝光院が建立されたといいます。

その後大同2年(807)に空海が第7世住職として入山。瑠璃、珊瑚、瑪瑙などの七宝を埋め、地鎮をしたことから、寺名の神宮寺を「七宝山観音寺」に改めます。同年、琴弾八幡宮の本地仏である阿弥陀如来を描いて本尊として祀り、寺の名を「琴弾山神恵院」とします。

これらがそれぞれ、現四国八十八ヶ所第69番札所の観音寺と、第68番札所の神恵院の始まり。

皇族の崇敬厚く、桓武・平城・亀山・後陽成各天皇の勅願・祈祷所とされました。 後陽成天皇は「八幡大菩薩」の宝号を下賜給わったといいます。

また、源家との縁深く、源頼義は前九年の役の際に代参を立てて願文を納め、八幡太郎義家は頼義の志を継いで社殿を造営、神馬を奉納(この時初めて絵馬奉納の記録あり)。次いで義経は屋島合戦の後、平家追討を祈って名馬望月と木の鳥居を奉納、頼朝は一千貫文の土地を寄進しています。

当社は明治までは四国八十八ヶ所の第68番札所でしたが、神仏分離令により琴弾神社と神恵院に分離。

神恵院は観音寺境内に移転するとともに八幡宮に安置されていた阿弥陀如来像も西金堂に移され、札所も神恵院に移りました。

御朱印

御朱印はあります。

神社の御朱印と、新四国曼荼羅霊場の御朱印とがあります。

麓の社務所で拝受可。山上の社殿の方には常駐されていないのでご注意。

アクセス

観音寺駅の北西1km弱のところに三架橋があります。

橋を渡ると左手に鳥居が見えますので、そこから境内に入りますと左側が駐車スペースになっています。

山頂まで車で登ることも可能です。

ここから一方通行の登り道があります。山頂付近に駐車場あり。長い参道を登るのがつらい方には便利。

神社概要

社名琴弾八幡宮(ことひきはちまんぐう)
住所香川県観音寺市八幡町1-1-1
祭神

應神天皇

神功皇后

玉依姫命

社格等旧県社
札所等

新四国曼荼羅霊場二十三番

さぬき十五社十四番

旧四国八十八ヶ所六十八番

御朱印あり
駐車場あり(麓・山頂)

コメント