竈山神社(和歌山市和田)

竈山神社。

和歌山市和田、和歌山電鐵竈山駅の南南東700m程の場所に鎮座。

式内社 竈山神社に比定される神社で、社地北側には神武天皇の長兄・彦五瀬命の陵墓に治定されている竈山墓があります。

戦前は官幣大社、現在は神社本庁の別表神社。

境内

社頭

 

社号標

 

鳥居

 

狛犬

 

参道

 

手水舎

 

神門

 

裏参道。柱は注連柱なのか、鳥居の跡なのか…

社殿

拝殿

 

左側の木の後ろが幣殿、中央奥の屋根が少し見えるのが本殿(と思われる)

式内社調査報告によると、かつては幣殿の位置に割拝殿があり、直に本殿を拝むことができたそうです(「かつて」がいつ頃までかは不明。少なくとも同書発行の昭和62年以前)。

境内社等

境内社(合祀社と掲示あり)

 

結社(左)、子安社(右)

 

この他、社殿左手玉垣の外に青葉神社があります。参拝時は気付かず…

 

蔵?

竈山墓

裏参道を出て少し北に行くと竈山墓(彦五瀬命御陵)があります。通常、石橋を渡った先に鎖が掛かっているのですが、この日は樹木の剪定作業?が行われており外されていました(とは言えその先に入ってはいませんが…)。

 

御陵

竈山墓は紀伊では唯一、延喜式に見える陵墓なのですが、いつの頃からか所在不明となっていました。

現在の御陵は明治9年に治定、同14年に修営されたもの。古代の陵墓が真にこちらなのかは不明。

 

竈山の御陵

ここは古くより竈山と呼ばれている、彦五瀬命の御墓です。

命は初代の天皇となられた神武天皇の兄君です。九州の日向国を出立し、大和平定の途中、傷を負われて雄水門で亡くなられ、この地に鎮められました。

神武天皇が即位された皇紀元年より二年ほど前のことです。日本の国造りに尊い御命を捧げられ、建国の礎となられた彦五瀬命は国の民の鏡として讃えられ、国家安泰の神様として竈山神社に祀られています。

地元の人はもとより、全国から多くの人々が、神社やこの御陵にお参りになります。

皆が此処を大切に思い、世の発展と子孫の繁栄を永久に御加護いただくことをお祈りして、平和な社会を築きましょう。

由緒

祭神である彦五瀬命は神武天皇の長兄。

神武天皇と共に東征しますが、孔舎衙坂で長髄彦の軍と戦った際、流れ矢に当たり負傷。

その後雄水門で崩御、竈山に葬られたとされます。当地の伝承では竈山の南西にある吉原まで来て亡くなったとも。

当地はその遺跡だとされますが、当社の創建時期については不詳。

延喜式神名帳には「紀伊国名草郡 竈山神社」、また延喜式諸陵式に「竈山墓 彦五瀬命在紀伊国名草郡兆域東西一町南北二町守戸三烟」と見えます。

 

かつては現在地よりやや東南のところにあったともいわれ、社地東西一町半余、南北二町、神田八町八段を有したとされます。

しかし天正13年(1585)、秀吉の紀州攻めの兵火に罹り社殿・旧記・宝物を焼失、社領も没収。

その後慶長5年(1600)に浅野幸長が小祠を再建、寛文9年(1669)には徳川頼宣が社殿再建。

ただし以降も寺社奉行支配下となり、氏子も社領もなく社運は衰微しました。

寛政6年(1794)、本居宣長が当社に参詣し「をたけびの かみよのみこゑ おもほへて あらしはげしき かまやまのまつ」と詠んでいます。

 

明治6年に村社に列格。同18年には官幣中社、大正4年には官幣大社に昇格。

村社から官幣大社に昇格したのは当社が唯一の例。明治9年の竈山墓の治定が影響したと思われます。

現在の規模になったのは、昭和13年頃に国費及び崇敬者の献資により社殿造営・境内拡張を行ってからのこと。

御朱印

御朱印はあります。

社務所で拝受可。

静火神社の御朱印も当社でいただけます。

アクセス

竈山駅を降り、南へ。

和田川を渡ると大鳥居があります。そこからさらに500mほど行くと右手前に竈山墓。その少し南に神社の裏参道入口があります。

 

車なら、和歌山城のあたりから国道を南下し、秋葉山の北あたりで東に折れ直進。

あるいは日前宮の東から片側2車線の道を南下し、静火神社旧地碑を過ぎたあたりで西へ折れ直進。

いずれの道も神社北東の十字路で南へ。突き当りを西に曲がると、すぐ右手に駐車場入口(奥に鳥居が見える)。

神社概要

社名竈山神社(かまやまじんじゃ)
住所和歌山県和歌山市和田438
祭神彦五瀬命
社格等

式内社 紀伊国名草郡 竈山神社

旧官幣大社

別表神社

札所等

西国三社参り

神仏霊場巡拝の道 第8番

御朱印あり
駐車場あり

コメント