磐神社(奥州市衣川区石神)

磐神社。

奥州市衣川区石神、前沢駅の東約6kmの場所に鎮座。

式内社 磐神社に比定される神社。

境内

参道

 

西参道

 

社頭

 

鳥居

 

狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

木鼻

磐座

社殿後ろに巨大な磐座があります。こちらが御神体とされ、本殿はありません。

 

小さな石祠が乗っています

石碑

社殿西側に並ぶ石碑

由緒

由緒板

磐神社

延喜式内奥州一百社の内で胆沢七社の一とされ、古代より崇敬された神である。この神社は男石大明神とも称し、松山寺境内の女石神社と合せた陰陽の二神で日本武尊、稲葉姫命をまつるとされ、二社に分れるが当社が本社となっている。ご神体は東西10.2m、南北8.8m、高さ4.2mの自然石で古来社殿は設けないならわしであったが、明治4年には上衣川村の村社となり、明治30年頃、近郷の氏子の強い要望による寄付金で拝殿が建築された。

なお、当社のすぐ右前方には安倍館があり、安倍氏は当社を守護神(荒覇吐神)として尊崇し、磐井以南に威を振う拠点をこの地に形成したと伝えられる。

創建時期は不詳。

文徳実録仁寿2年(852)年8月7日条に陸奥国石神が従五位下を授けられたと見え、これが当社のこととされます。

安倍氏は当社を荒覇吐神として崇めていたといいます。

近隣の松山寺境内には女石を祀る女石神社があり、当社と一対となっています。

当社が荷石明神とも称されるのは、この荷石山松山寺と中世以来習合関係にあったからのようです。

明治4年村社列格。

霊石を御神体としており、古来社殿は設けられていなかったそうですが、明治30年頃に現在の社殿が設けられたとのこと。

 

御朱印

御朱印の有無は不明。

何でも宮司さんのいない(兼務とかではなく、いない)神社だそうなので、多分ないと思います。

アクセス

前沢駅の南から県道283号を西へ。

そのまま283号の終点(衣川総合支所横)まで行き、県道37号へ入り西へ。

500mほど先のここで左折し、700mほど行くと右手に神社の参道入口があります。

田んぼの間の細い道を入っていくと神社前に。

社殿右手に石神担い手センターという建物があり、その前に駐車できます。

神社概要

社名磐神社(いわじんじゃ)
通称

おいしさま

男石大明神

荷石明神

住所岩手県奥州市衣川区石神99
祭神伊邪那岐命平成祭データ
石凝姥命社伝(特選神名牒)
日本武尊境内由緒書
社格等

式内社 陸奥国膽澤郡 磐神社

日本文徳天皇実録 仁寿二年八月辛丑(七) 石神 従五位下

旧村社

御朱印不明
駐車場あり

コメント