伊勢神社(輪島市海士町舳倉島)

伊勢神社。

輪島の北約50kmの海上に浮かぶ、舳倉島に鎮座。

式内社 奥津比咩神社の旧地とされる場所に建つ神社。

広告

境内

神社付近の道

 

社頭

 

鳥居

 

参道

 

手水鉢

 

境内

 

社殿前の台座?

 

狛犬

 

タブノキ?

複雑な形状をしていますが1本なのでしょうか…

社殿

社殿

由緒

伊勢神社

「やしろ様」とも呼ばれる神社で、島に鎮座する七つの小宮の一つである。昔はここに奥津比咩神社があり、島全体の総氏神であったといわれている。

やがて、奥津比咩神社が島の南西に移転してからは、この社が伊勢信仰の中心となり、8月の例大祭が海士町で行われるようになるまでは、神輿の御仮屋としてにぎわってきた。

境内の右手に自生する「タブ」の木は、舳倉島で唯一の大木で、神の依代として昔から島民の尊崇を受けてきた。

由緒については奥津比咩神社の記事をご参照ください。

こちらには天和3年(1682)まで奥津比咩神社が鎮座していたとされています。

伊勢神社が創祀されたのはその移転後だと思われます。

かつては例大祭の時の神輿の御仮屋ともなっていたようです(現在は本土の里宮で行われる)。

 

御朱印

御朱印の有無は不明。

アクセス

舳倉島へのアクセスは奥津比咩神社の記事をご参照ください。

当社は島の東部にあります。

神社概要

社名伊勢神社(いせじんじゃ)
通称
旧称
住所石川県輪島市海士町舳倉島
祭神天照大神(?)
社格等

式内社 能登国鳳至郡 奥津比咩神社(旧地)

奥津比咩神社末社(?)

札所等
御朱印不明
御朱印帳
駐車場なし
公式Webサイト
備考

タイトルとURLをコピーしました