八幡神社(福井市大宮町)

八幡神社。

福井市大宮町(旧美山町大宮)、越前大宮駅の北東に鎮座。

式内社 磐座神社ならびに土輪神社の論社。

広告

境内

社頭

 

鳥居

 

社号標

 

手水鉢

 

境内

 

狛犬

社殿

拝殿

 

扁額

 

本殿

境内社等

境内社?

式内社調査報告が引く「県神社明細書」に神庫の記述があるので、それかもしれません。

由緒

由緒碑

我越前羽大宮祠嘗祀天神大戸道尊尊世所称羽大明神也往昔崇敬之篤徴之懐宝年代一統紀及年歴掌箋可知矣而羽生庄之名亦其所由来也当時境内広闊樹木鬱蒼殿堂之偉廊廡之美固為巍然一大社惜乎物換星移修祀漸絶遂帰荒廃今之熊野社辨財天祠白山観音堂諏訪堂及八幡宮所在則其故址而隣邑宮地則其社領也源義経奔奥州途遇大雪宿熊野社夢神授以橇乃献兜之装鏡及佩刀而発焉里人因為祈雨神号樏堂朝倉始末記称式内磐座辨財天為義景所帰信又足以見歴世崇敬之跡矣明治四十二年秋合祀諸社及宮地白山神社名曰八幡神社歳時祭祀四十五年勅為指定神社頃者大宮青年団及有志者胥謀立石勒其始末以著不朽

創建時期は不詳。

延喜式神名帳にみえる「越前国大野郡 磐座神社」を当社にあてる説があります。

 

以降近代までの由緒は不詳。

明治9年村社列格。

明治42年、大宮字弁天の厳島神社、同字西谷の熊野神社、同字観音堂の白山神社を合祀。

 

いくつかの文献が磐座神社(跡地)の所在について触れています。

『越前古名考』(寛政13年)は、羽生谷大宮にありとする説を引き、高さ一丈、長さ折回し、四五〇間の巌の上にあり、今は弁財天を祀るとし、その下に又一段の巌があって、その高さは一二尺、長さは五六間とします。

『深山木』(文化10年)は、はにふの谷の大宮のうまやにあるとし、祭神不明、今弁財天という伝えは覚束なく思われ、山辺にささやかなる「かむほくら」があるという人もいるが、詳らかには知らないとします。

『越前国名蹟考』(文化12年)は、まず浅山直明なる人が文化10年、村人に磐座社について尋ねた際の回答を以下のように引用します(式内社調査報告からの引用、原文ではない)。

「弁財天熊野社は山上に小さい石の韓櫃があり、村の内通りから十間ばかり北に入ると八幡社がある。八幡社の前に古の社跡で方五間ばかりの地形並びに礎石がある。石のさしわたしは約三尺から四・五尺ばかり、北に並んで同じ程の地形礎石がある。これは拝殿の跡の由、一の鳥居の礎石は右に応じ東向きである。二の鳥居の礎石も近年まであったが今はない」

さらに編者の意見として、『朝倉始末記』に磐座社の記述がないところから、天正一揆以前に廃絶したのではないかとし、社跡は今山上にある熊野社の跡で、これ即ち磐座神社(の跡)かもしれない、とします。

『福井県大野郡誌』(明治45年)は、明治25年の大火によって磴道石階をも破壊され、昔を偲ぶよすがも留めないとします。

『日本歴史地名大系』は、当社の北寄りの山中に磐座跡と思われる巨岩が残る、とします。

 

『越前国名蹟考』で述べられている社跡は、現在の境内には見当たりません。『福井県大野郡誌』がいう大火の際にこれも破壊されてしまったのでしょうか。

 

『越前国名蹟考』のいう「山上の石の韓櫃」や、『日本歴史地名大系』のいう「北寄り山中の磐座跡と思われる巨岩」の存否は不明。

一応当社右奥へ続く車道があり、後方の山中には作業道らしき道筋も見えるので、山中に入っていくこともできるとは思いますが…

 

なお、境内由緒碑に「羽大宮」「羽大明神」とありますが、これは他資料に見えない名称。式内社調査報告は当地が大野郡羽生村に属していたことから羽生の「生」が省かれたものではないかとします。

また『大日本地名辞書』は、この羽生と関連付け、「足羽郡土輪(はにわ)神社というものあれば土輪転じて羽生と為れり」と論じて、当社を式内社「足羽郡 土輪神社」にあてる説を記しています。

御朱印

御朱印の有無は不明。

本務社のようですが…

アクセス

福井市市街地から国道158号を東へ。

越前大宮駅北の信号のある交差点を過ぎ、羽生郵便局先の十字路を左手(北)に入ると神社。

 

参道右手から境内に車乗入れ可能。

神社概要

社名八幡神社(はちまんじんじゃ)
旧称

羽大宮(?)

羽大明神(?)

住所福井県福井市大宮町27字茶山6
祭神

誉田別命

現祭神

大戸道尊

境内由緒碑
配祀武御名方神
合祀

伊弉諾尊

伊邪那美尊

市寸島比咩命

社格等

式内社 越前国大野郡 磐座神社

式内社 越前国足羽郡 土輪神社

旧村社

御朱印不明
駐車場なし(境内駐車可)

タイトルとURLをコピーしました