白石神社(伊賀市槙山字根組原)

白石神社。

滋賀県甲賀市との境目にほど近い山中に鎮座。

式内社 真木山神社の旧鎮座地に比定される神社。

境内

参道入口。分岐する左手の道を1kmほど行った先には採石場があるようです。

 

小さな白石神社の碑

 

舊跡保存 白石神社

 

石鳥居の残骸

 

鳥居

 

 

手水舎。柄杓がかかっていますが手水鉢はないので、川の水を使いました。

 

鳥居

 

石段と社殿

社殿

拝殿

 

本殿

 

本殿前の狛犬1

 

本殿前の狛犬2

 

本殿に供えられた白石

 

本殿前の階段下にも白石

天満社

未舗装道を白石神社へ向かう途中、左手に鳥居があります。その先に、天満社があります。

 

鳥居

 

天満社覆屋

 

天満社

 

扁額

由緒

由緒については、真木山神社の記事をご参照ください。

当地は旧地にあたり、天正伊賀の乱で焼失するまで鎮座していました。

焼失後遷座し真木山神社となるも、当地にはその後も小祠が祀られていました。

明治40年に白石神社は真木山神社に合祀されています。

三重県神社誌の記述によれば当社は「村民が神跡を崇敬する余り祀れる所」とのこと。

現在の当社の位置付け、祭祀の有無については不明。真木山神社の末社扱いだったりするんでしょうか。

なお口碑によれば、神武天皇東征の折、八咫烏が白石山の御辷ヶ平(おすべりがだいら?)に止まったとされ、神跡とされます。

三重県神社誌によれば「御辷ヶ平は即ち中央に屹立したる所謂神石にして周囲一円の巌石の巌岩に変せしも神の霊験によるとなり」。

付近には見当たりませんでしたが、山中に御神石があるのでしょうか。

また同書に「此山の白石の小片にても拾い帰れば直ちに神罰を蒙りて腹痛を起すと言うされば里人此山に絶えて入るものなし」ともあります。

この山に入らないのか、神跡を崇敬して祠を建てるのかどっちなの。

なお、持ち帰ると神罰があるという白石、現在はガラス製造の原料として採掘されています。

社地奥にある採石場も、その施設でしょう。

 

御朱印

御朱印の有無は不明。

おそらくないでしょうけど。

アクセス

三重県道滋賀県道50号を真木山神社の前から西へ3km程行きます。

途中県をまたぎながら進み、ここまできたら右の道へ。行き止まりの看板が出ていますが気にせず。

曲がって1kmほど行くと、白石鉱業株式会社の事務所があり、道が二手に分かれます。正面に続く舗装道は会社の私有地のため進入不可。左前方に続く未舗装道が神社への道です。未舗装ですが神社前まで車で行けます。

500m弱行くと右手に参道が分岐するのでそちらに。

駐車場はありませんので参道の入口付近に停めることになります。

神社概要

社名白石神社(しらいしじんじゃ)
旧称白石明神
住所三重県伊賀市槙山字根組原385
祭神不明
社格等式内社 伊賀国阿拝郡 真木山神社(旧地)
御朱印不明
駐車場なし
備考天正伊賀の乱により焼失後、真木山神社の地に遷座

コメント