南豫護國神社(宇和島市丸之内)

南豫護國神社。

宇和島城のある城山の南西麓に鎮座。

境内

道沿い細い階段の上に鳥居が見えます。ここが参道入口。微妙にわかりづらいです。

 

社号標

 

鳥居の扁額

 

階段上に狛犬

 

社殿への階段と、その前の鳥居

 

拝殿前の狛犬。渋沢栄一寄進のものだそうです。

社殿

拝殿

 

本殿

境内社・石碑

生目神社

 

ニューギニア方面戦没者慰霊碑

由緒

大正2年(1913)藩主四柱を祀り創建。宇和島城の別名鶴島城から取って鶴島神社と名付けられます。(ただし、日本歴史地名体系によれば明治44年(1911)に創立が計画され、大正3年(1914)4月に藩祖秀宗の入国300年祭を記念し社殿造営、とあります)

昭和20年(1945)の空襲で拝殿を残し全焼。

昭和28年(1953)再建。

戦後、復興に際し南予地方の戦没者の霊(征南の役以来、日清日露大東亜戦争まで)を合祀し、昭和30年(1955)に南豫護國神社と改称しました。

いわゆる指定外護国神社になります。

藩祖を祀った神社は各地にありますが、そこに英霊を合祀し護国神社となったというのは珍しいパターンな気がします。

御朱印

御朱印はあります。

丸之内和霊神社で拝受可。

当社は普段無人です。

アクセス

駐車場はありません。

丸之内和霊神社と同様、城山下駐車場等の有料駐車場を使いましょう。

 

神社概要

社名南豫護國神社(なんよごこくじんじゃ)
旧称鶴島神社
住所愛媛県宇和島市丸之内3-6-2
祭神

伊達秀宗公

伊達村候公

伊達宗紀公

伊達宗城公

戦没者英霊七千余柱

社格等旧県社
御朱印あり(丸之内和霊神社にて拝受可)
駐車場なし(付近に城山下駐車場等有料駐車場あり)

コメント