忌部神社(徳島市二軒屋町)

忌部神社。

眉山の一部をなす、勢見山に鎮座。

式内社 忌部神社の後継社。

境内

参道起点の社号標

 

一の鳥居

 

参道石段下から

 

参道石段上から

 

手水舎

 

境内

 

二の鳥居

 

狛犬

社殿

拝殿。明治に建てられた社殿は戦災で焼失してしまったため、現在の社殿は戦後再建されたものです。(再建年は上記の境内由緒書では昭和42年、平成「祭」データや徳島県神社庁のWebサイトでは同43年)

 

扁額

 

本殿。こちらは昭和28年再建のもの。

境内社

手水舎そばの境内社

 

左手の赤い社はお稲荷さん

 

右手の境内社は社名不詳ですが、手前に建つ碑によれば「元満州開拓青年義勇隊現地死亡者の御霊を拓魂碑より移し当社に合祀す」とのこと。

 

参道石段下の祇園神社

 

裏参道(車道)途中にある霊神社

 

眉山には眉山新四国八十八ヶ所霊場と眉山西国三十三ヶ所霊場があり、当社の裏参道にその一部があります。

由緒

境内由緒書

忌部神社御由緒

御祭神 天日鷲命

太古、天日鷲命は殻麻を植え製紙、製麻、紡織の諸業を創始され、特に天照大神が天の岩戸にお隠れになった時白幣を作り、神々と共に祈祷られ、天の岩戸開きに大きな功績を挙げられた。

その子孫は忌部と称して国家祭祀の礼典を掌どり神武天皇の御代阿波国へ下り代々朝廷に麁服御衣(あらたえのみそ)を貢上した。斯く天日鷲命を奉祭する。

徳島県民の祖神を祭り阿波国總鎮守の神社として古来朝野の尊崇篤く、後、官幣大社に列せられ四国一の宮とも称せられた。

明治四年国幣中社に列せられ明治七年所在地を麻植郡山崎村と決定されたが同十四年美馬郡西端山村遷祀、更に、明治二十年徳島市の現在地に新社殿を奉遷鎮祭し奉る。

昭和二十年大東亜戦争の為、焼失したが崇敬者の尊い浄財により、本殿は昭和二十八年に、拝殿は昭和四十二年に復興された。

例祭 十月十九日

式内 忌部神社の由緒については 山崎忌部神社の記事をご参照ください。

正蹟争いの末に妥協案として遷座されたのが当地になります。

正確には、明治18年に隣接する金刀比羅神社に仮遷座、同25年5月社殿竣工し現社地へ遷座とのこと。当地が選ばれたことに何らかの理由があるかは不明。

なお移転に伴い、 吉良の御所神社は当社の摂社とされています。

御朱印

御朱印はあります。

境内の社務所で拝受可。

社務所の脇で寝てた猫

アクセス

国道438号沿い、金刀比羅神社の少し南辺りに表参道の入口があります。

また金刀比羅神社裏手に裏参道があります。

金刀比羅神社の向かいにコインパーキングはありますが神社用の駐車場はなし。金刀比羅神社は市中五社の一社で参拝者も多そうなんですがみんな徒歩でくるのかしら。

金刀比羅神社前から国道438号を南下、右折と進むとY字路に出るので右の道、眉山山頂方面へ。

その先眉山パークウェイの表示に従ってしばし上ると、忌部神社と眉山病院の看板があるので案内の方向へ。

三叉路があるので、眉山病院へ入る道の脇の細い下り坂を進めば忌部神社の駐車場に着きます。

ここが三叉路。東の道が忌部神社への道。狭いです。

カーナビに神社の住所を入れればここまで案内してくれると思いますが、割とわかりづらいルートなのでご注意。

神社概要

社名忌部神社(いんべじんじゃ)
住所徳島県徳島市二軒屋町2-48
祭神天日鷲命
社格等

式内社 阿波国麻殖郡 忌部神社(名神大 月次新嘗 或号麻殖神 或号天日鷲神)

旧国幣中社

別表神社

御朱印あり
駐車場あり(国道沿いにはなし)

コメント