穴石神社跡(伊賀市柘植町)

穴石神社跡。

伊賀市柘植町、霊山の山中の神社跡。

式内社 穴石神社の論社の一つである都美恵神社の旧社地とされる場所。

跡地

分岐した道を300m弱歩くと右手の木々の中に石碑が見えてきます。

 

穴石神社跡碑と碑文

 

穴石神社跡碑

 

由緒碑

穴石神社は、旧記によると第30代敏達天皇の御代(571)「此の郷の長、神を祀りて穴石大明神と号す」、第49代光仁天皇の御代「社地社殿の御制定あり」と伝えられている。

1070年余この碑の右手奥に鎮座奉斎されていたが、寛永21年(1644)7月の大洪水により社地社殿悉く欠潰し復興困難となったため正保3年(1646)8月に現在の柘植町字北浦の丘陵地に造営遷座された。

その後、明治末に合祀を実践したことにより大正11年に「都美恵神社」と改称され、現在に至っている。

平成18年(2006)遷座360年の佳き年にあたり記念碑を建立するものである。

碑の右手奥にあった、とのことですが、写真見ていただけるとわかる通り、今は木々が生い茂るのみで特に痕跡らしきものは見当たりませんでした。掘れば何か出てくるかも知れませんが…

碑が建てられたのは2000年代に入ってからなので、近年までは何もなかったのだと思われます。

私は、大体の場所がわかれば…という気持ちで都美恵神社の宮司さんに旧社地のことを尋ねたところ、この碑の前で撮った記念写真(おそらく建立記念)を見せていただき、場所も教えていただくことができました。聞いてみるものですね。

由緒

由緒については都美恵神社の記事をご参照ください。

当地は、寛永21年(1644)まで穴石神社(現・都美恵神社)が鎮座していた地になります。

洪水で社地社殿とも損壊したため現在の都美恵神社の地に遷座。

現在は平成18年(2006)に建てられた碑があるのみです。

 

御朱印

御朱印はありません。

都美恵神社で聞いてはいないですけど、普通に考えたらないでしょう。

アクセス

伊賀市北東に聳える霊山の山中にあります。

霊山は北側から車で山頂まで登ることができるのですが、その車道の途中から分岐する道の先に当地はあります。

登山道(車道)起点

 

場所はここ。伊賀SAや伊賀ドライブインから少し南です。

 

車道を登り、この辺りで右手に分かれる道に進みます。

 

この車止めが目印。この先は車が入れないので、ここに置いていきましょう。

 

分岐手前の橋。右の木の枝の隙間から見える黄色いのが車止め。

普通車程度の大きさなら車止めの手前に置いても車道を塞ぐことはないと思います。

ただ、登山道起点付近に駐車スペースがあるので、歩けるのであればそちらに停めた方が良いとは思います。

神社概要

社名穴石神社跡(あないしじんじゃあと)
旧称

穴石(穴師)神社

石上明神

住所三重県伊賀市柘植町(霊山山中)
祭神不詳
社格等式内社 伊賀国阿拝郡 穴石神社(旧地)
御朱印なし
駐車場登山道分岐点に駐車可
備考現社地:都美恵神社

※おおよその位置

管理用道路か何かなのか、Google mapやYahoo地図には道の記載なし。(航空写真なら道があるのが見えます)国土地理院地図には記載あり。

 

コメント