糟目春日神社〔旧地〕(豊田市渡刈町大明神)

糟目春日神社旧地。

豊田市渡刈町大明神、明治用水に掛かる橋の袂に建つ碑。

式内社 糟目神社の論社である糟目春日神社の旧鎮座地。

広告

旧地石碑

橋の袂に建つ碑

「郷社糟目春日神社之跡地」と刻まれています。

 

矢作川畔の汐差神社

渡刈町で祭られている汐差神社は、昔三河の海(碧南)が満潮になると、川下から舟が上がってくる程汐が差してきたと言います。

これを「汐差」と言い、満潮・干潮の自然現象を利用して、農作物や味噌・醤油などを舟で運ぶ、物流の大動脈に利用されていました。

反面、水害にあう事もしばしばで、水難除け・商売繁盛のためこの神社が建てられたと言い伝えられています。

由緒

糟目春日神社の項を参照。

当地は天明年間~大正3年に糟目春日神社が鎮座していた地です。

往古より川の氾濫で社殿流失が何度もあったようで、大元の鎮座地は不明です(当地に遷る以前は、20間ほど東にあったらしい)。

 

 

当社の北に鳥狩塚古墳(位置)がありますが、関連性は不詳。

御朱印

旧地なのでありません。

アクセス

豊田東ICを下りて3分程…なのですが、駐車スペースがありません。

糟目春日神社から1km弱なので、歩いた方がいいかもしれません。

神社概要

社名糟目春日神社〔旧地〕(かすめかすがじんじゃ)
旧称

塩指大明神

勝女大明神

糟目大明神

汐差神社

住所愛知県豊田市渡刈町大明神
祭神
社格等

式内社 三河国碧海郡 糟目神社

日本文徳天皇実録 仁寿元年十月乙巳(七) 糟目神 従五位下

旧郷社

御朱印なし
駐車場なし

参考文献

『式内社調査報告 第九巻 東海道4』 皇学館大学出版部

 

『愛知県神社名鑑』 愛知県神社庁


タイトルとURLをコピーしました