飯持神社(佐渡市飯持)

飯持神社。

佐渡市飯持の田地付近、小倉川に面した丘の上に鎮座。

式内社 飯持神社に比定される神社。

境内

社号標と参道

 

狛犬

 

鳥居

 

手水鉢

社殿

拝殿

 

本殿覆屋

 

社殿に繋がっているこの建物は参籠所か神饌所?

由緒

境内由緒板

飯持神社

鎮座地 畑野町大字飯持236番地

御祭社 保食神

境内社 八幡神社 祭神應神天皇 武内宿禰

     白山神社 気長足姫尊菊理姫命

     小田原神社 狹依姫命

例祭日 太陽暦による3月と9月の社日

新嘗祭 12月10日

由緒

延喜式内旧社であり当国(佐渡)9社の第6位に列し、明治6年6月に郷社となりました。

祭神保食神は五穀を始め牛馬養蚕鳥魚等の守護神であり靈徳顕著にして近郷より多数の参拝者がありました。

延宝中正六位上橘三喜社参の折の奉納額「萬民のみたまのふゆ(水)をうけ持のかみの社はかすかなれども」を当社の宝物としていましたが、今は所在がわからなくなっています。

創建時期は不詳。

現在の読みは「いいもち」ですが、『釈日本紀』では美氣毛智(みけもち)の訓を挙げています。

『朝野群載』巻6に承暦4年(1080)6月10日、他数社と共に社司に中祓を科せられた記録が見えますが、その後衰退したようで、延宝年間(1673-1681)に神道家の橘三喜が参拝した際には小祠となってしまっていたようです。

橘三喜はこの時、和歌を奉納しています。

「萬民のみたまの水をうけ持の神の社はかすかなれども」

(境内案内板によれば水はふゆと訓ずる模様)

この和歌の書かれた奉納額は社宝となるも現在は所在不明とのこと。

明治6年(1873)郷社列格。

『佐渡国寺社境内案内帳』には「御神號若宇賀能賣神氣化神也御膳持須留若宇賀能賣神」とあり、嘗ては祭神を若宇賀能賣神としていた模様。

春秋の社日の祭は佐渡で最も大きいらしく、種子交換や神事が行われ、参拝者も多いと畑野村志や式内社調査報告にはありますが、近年はどの程度か不明。

境内案内板には境内社として八幡神社、白山神社、小田原神社の記載がありますが、境内社は存在せず。

佐渡国誌や佐渡神社誌によれば相殿神のようです。

御朱印

御朱印の有無は不明。

なしとの情報もあり。

本務は物部神社のようです。

 

アクセス

県道65号、81号、381号がぶつかる交差点を南(81号)へ。

ここを南へ。1kmほど行くと神社。

駐車場はありません。

神社概要

社名飯持神社(いいもちじんじゃ)
住所新潟県佐渡市飯持236
祭神

保食神(境内由緒書、平成「祭」データ他)

若宇賀能賣神(佐渡国寺社境内案内帳)

相殿

應神天皇

武内宿禰

気長足姫尊

菊理姫命

狹依姫命

社格等

式内社 佐渡国雑太郡 飯持神社

旧郷社

御朱印不明
駐車場なし

コメント