引田部神社(佐渡市金丸)

引田部神社。

佐渡中心部より少し南西の金丸に鎮座。

式内社 引田部神社に比定される神社。

境内

社頭

 

社号標

 

鳥居

 

扁額。「九社第三宮」は当社が佐渡国三宮とされるため。

 

狛犬

 

手水舎

社殿

拝殿。屋根に〇に引田部の紋がありましたが、神紋かな。

 

拝殿の銅鑼と鈴

本殿覆屋

 

本殿屋根

境内社

八坂神社

 

鳥居の跡?

由緒

境内由緒札

引田部神社

延長5年(927)醍醐天皇に上進された延喜式巻第十(神名帳)には、佐渡国九座の中、雑太郡五座の一つに引田部神社が載せられている。

祭神 大己貴命

境内社 八坂神社

祭神 素盞嗚尊

合祀 倉稲魂命

例祭日 4月15日

宝物 上杉氏制札 天正17年(1589)

『佐渡国寺社境内案内帳』には「当社九社の内なり、縁起もこれなく」とあり、由緒は伝わっていません。

別当勧性院(聖護院派に属した修験)の『神社縁起』では開基延喜4年(904)とされていますが、これも憶測に過ぎない様子。

この勧性院が別当であった時期もいつまで遡れるか不明。

当社西方約250mのこうがい崎(落合橋東端辺り)という場所が旧地であるという土地の伝えがあるそうです。

しかしそこは湿地帯で、社地があったとは考えづらい場所。

近年まで神社の水田八反歩ほどがあり、新穀祭に米を出したという話もあることから、旧地ではなく神田があったとの見方もあり。

明治6年(1873)郷社列格。

佐渡国三宮とされていますが、これは延喜式神名帳の並び順からくるもののようで、特にそれ以上の理由があるわけではないようです。

祭神

社伝によれば、祭神は大己貴命。

『佐渡国寺社境内案内帳』、『神名帳考証』、『大日本神祇志』、『佐渡志』、『佐渡神社誌』等もこの説を採っています。

『神社明細帳』は猿田彦命とします。

これは延享年間、橘三喜が社参の折、神号を納めたことによります。

『地理志料』では大物主神。

『神社覈録』は祭神詳らかならず、とします。

『特選神名牒』は私には文章の意味がわかりかね不明。多分大己貴命だと言っているのではないかと思いますが…

『大日本地名辞書』は阿部氏の一族引田氏の祖である大彦命とします。

なお当社の北10数kmには佐渡の最高峰金北山が聳え、当社はこの山を神体山としています。

金北山は佐渡総鎮守とされてきた霊峰で、祭神は大彦命。

『大日本地名辞書』はここから、当社も大彦命を祀る社とする説を挙げています。

御朱印

御朱印はあります。

豊田諏訪神社で拝受可。

豊田諏訪神社の項でも触れますが、こちらは墨書きは自分で、というスタイルです。

宮司さんはその上に印を押してくれます。

 

アクセス

国道350号の中興交差点を南へ。

中興交差点はここ。佐渡市役所の西南西800mくらい。2kmちょっと南へ行くと、右手に引田部神社があります。

駐車場はありません。社殿右手に駐車スペースっぽい空間があるのですが、真横に防火水槽があるので駐車禁止なのです。参拝時は駐車場だと思って停めていて、後で写真を見返して気づきました。

よそのサイト見てもここに停めている人が多いですが、別の場所を探したほうがいいと思います。

神社概要

社名引田部神社(ひきたべじんじゃ)
住所新潟県佐渡市金丸488-丙
祭神

大己貴命 (社伝、佐渡国寺社境内案内帳、神名帳考証他)

猿田彦命 (神社明細帳)

大物主神 (地理志料)

大彦命 (大日本地名辞書)

社格等

式内社 佐渡国雑太郡 引田部神社

佐渡国三宮

旧郷社

御朱印あり
駐車場なし

コメント